2012年02月01日

映画 ALWAYS三丁目の夕日'64

●監督・脚本・VFX … 山崎貴
●エクゼクティブプロデューサー … 阿部秀司 奥田誠治
●製作 … 宮崎洋 加太孝明 亀井修 平井文宏 市川南 服部洋 弘中謙 阿部秀司 大橋善光 島村達雄
●プロデューサー … 安藤親広 高橋望 飯沼伸之
●原作 … 西岸良平「三丁目の夕日」
●脚本 … 古沢良太 山崎貴
●音楽 … 佐藤直紀
●主題歌 … 「グッドラック」 BUMP OF CHICKEN
●出演 … 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 薬師丸ひろ子 森山未來 大森南朋 高畑淳子 米倉斉加年 もたいまさこ 三浦友和 須賀健太 小清水一揮 小池彩夢 浅利陽介 マギー 温水洋一 神戸浩 蛭子能収 飯田基祐 ピエール瀧 染谷将太 正司照枝 
●製作 … 日本テレビ ROBOT 小学館 バップ 東宝 電通 読売テレビ 読売新聞 白組 IMAGIKA/STV MMT CTV HTV FBS 「ALWAYS三丁目の夕日'64」製作委員会 
●配給 … 東宝 2012


東海道新幹線が開通し東京オリンピックが開催される昭和39年。

茶川竜之介(吉岡秀隆)と身重の妻ヒロミ(小雪)に育てられている古行淳之介(須賀健太)は高校生になり順調に成長し、東大を目指していた。

一方の鈴木オートは、鈴木則文(堤真一)と妻トモエ(薬師丸ひろ子)、一人息子の一平(小清水一揮)、従業員の星野六子(堀北真希)の他に一人の従業員が入社し、順調に業務を拡大していた。

そんな中、六子に変化が。
毎朝、おめかしをして出かけていく。

通勤途中の医者・菊池孝太郎(森山未來)を待ち伏せする為だった…

続きを読む
posted by Ky'z at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画

2008年07月21日

映画 恋空

●監督 … 今井夏木
●エグゼクティブプロデューサー … 濱田一哉
●企画 … 三野正己
●プロデューサー … 森川真行 那須田淳
●原作 … 美嘉「恋空〜切ナイ恋物語〜」
●脚本 … 渡邉睦月
●音楽 … 河野伸
●主題歌 … 「旅立ちの唄」 Mr.Children
●挿入歌 … 「heavenly days」 新垣結衣
●出演 … 新垣結衣 三浦春馬 臼田あさ美 中村蒼 波瑠 深田あき 浅利陽介 大和田健介 松井絵里奈 大平奈津美 山本龍二 高橋ジョージ 香里奈 麻生祐未 浅野ゆう子 小出恵介
●製作 … TBS 魔法のiらんど レプロエンタテインメント 東宝 MBS TCエンタテインメント ファインエンターテイメント 映画「恋空」製作委員会 
●配給 … 東宝 2007
映画「恋空」公式HP

美嘉(新垣結衣)はごく普通の高校一年生だったが、携帯を忘れたことをキッカケに、同級生のヒロ(三浦春馬)と付き合うことになる。

ノゾム(中村蒼 )とアヤ(波瑠)と共に楽しんでいた美嘉たちだったが、ヒロの元カノ・咲(臼田あさ美)によって、美嘉は襲われてしまう。

傷ついた美嘉だったが、すべてを受け入れてくれたヒロによって救われ、ヒロの子供を身ごもる。

しかし、またもや咲によって流産させられた美嘉だったが、ヒロと共に乗り越えてゆく。

そんなある日、ヒロは美嘉に別れ話を切り出す。
受け入れない美嘉だったが、ヒロには美嘉には言えないヒミツがあった・・・

続きを読む
posted by Ky'z at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画

2007年11月27日

映画 ALWAYS 続・三丁目の夕日

●監督・脚本・VFX … 山崎貴
●エクゼクティブプロデューサー … 阿部秀司 奥田誠治
●原作 … 西岸良平「三丁目の夕日」
●脚本 … 古沢良太
●音楽 … 佐藤直紀
●主題歌 … 「花の名」 BUMP OF CHICKEN
●出演 … 吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろ子 堀北真希 小清水一揮 須賀健太 小池彩夢 浅利陽介 マギー 温水洋一 貫地谷しほり  吹石一恵 浅野和之 平田満 上川隆也 手塚理美 小木茂光 小日向文世 もたいまさこ 三浦友和 
●製作 … 日本テレビ ROBOT 小学館 バップ 東宝 電通 読売テレビ 読売新聞 白組 IMAGIKA/STV MMT CTV HTV FBS 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会 
●配給 … 東宝 2007

昭和34年、東京タワーは完成し、高度経済成長の時代を迎える東京。

夕日町三丁目の鈴木オートでは社長の父・鈴木則文(堤真一)、母・トモエ(薬師丸ひろ子)、長男・一平(小清水一揮)とすっかり一家に馴染んだ六子(堀北真希)がいつものように暮らしていたが、則文の親戚の鈴木大作(平田満)が事業に失敗し、ダムに出稼ぎに行く為、娘の美加(小池彩夢)を預かることに。しかし、美加はお嬢様育ちで、則文たちが親切に接しているにも関わらず、我がまま放題で手を焼いていた。

一方、鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主・茶川竜之介(吉岡秀隆)は淳之介(須賀健太)と暮らしていたが、淳之介の実の父親で実業家の川渕康成(小日向文世)がしつこく引き取りにやってきた。

茶川は淳之介とともに一緒に住もうと約束したが、父の借金の為に再び踊り子になった石崎ヒロミ(小雪)と一緒に暮らそうと芥川賞を目指すことになる…



続きを読む
posted by Ky'z at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画

2007年11月10日

映画 ただ、君を愛してる

●監督 … 新城毅彦
●製作 … 樫野孝人 坂上順 千葉龍平 亀井修 渡辺純一
●原作 … 市川拓司「恋愛寫眞 もうひとつの物語」
●脚本 … 坂東賢治
●音楽 … 池頼広
●主題歌 … 「恋愛写真」 大塚愛
●出演 … 玉木宏 宮崎あおい 黒木メイサ 小出恵介 上原美佐 青木崇高 大西麻恵
●配給 … 東映 2006

腹にある出来物にコンプレックスを持ち続ける写真好きの青年・瀬川誠人(玉木宏)は大学の入学式の日、車が通り続ける渡れない横断歩道で手を挙げて渡ろうとしている女の子と出会う。

その子は大学の同級生で幼い容姿に個性的な格好をしている里中静流(宮アあおい)

お互いにコンプレックスを持つ誠人と静流は打ち解け、二人で見つけたキャンパス裏の森で写真を撮る日々。

静流は誠人に恋心を抱いているが、誠人は同級生の富山みゆき(黒木メイサ)を慕い、静流を女の子として見ていなかった。

いきなり家出してきた静流を誠人は一人暮らししている一戸建てに泊めるが、体で払うと抱きついてきた静流に誠人はビックリして拒絶する。

「これから成長してビックリするぐらい、いい女になるんだから。後悔したって知らないからね」

静流の言葉に笑う誠人だが、コンクール応募用に撮る静流とのただ一度のキスが二人の運命を大きく動かす・・



続きを読む
posted by Ky'z at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画

2007年02月04日

映画 逆境ナイン

●監督 … 羽住英一郎
●製作 … 平井文宏 阿部秀司
●原作 … 島本和彦「逆境ナイン」
●脚本 … 福田雄一
●音楽 … 佐藤直紀
●主題歌 … 「夢をあきらめないで」 岡村孝子
●出演 … 玉山鉄二 堀北真希 田中直樹 出口哲也 寺内優作 坂本真 青木崇高 土倉有貴 柴田将士 藤岡弘
●製作 … 日本テレビ ROBOT 小学館 バップ 読売テレビ アスミック・エース 
●配給 … アスミック・エース 2005

全力学園野球部は負けっぱなしで、校長(藤岡弘)が廃部を決定。
そのことを聞いたキャプテン・不屈闘志(玉山鉄二)は、校長に甲子園に行くと宣言して、もう一度チャンスを与えられる。

それは、春の甲子園優勝校「日の出商」との練習試合で勝つ事。

困惑するナインと月田マネージャー(堀北真希)をめちゃくちゃな理屈で丸め込み、猛練習を開始するが、ナインに次々と災難が。
挙句の果てに、エースである闘志の右腕も、寝ている最中にキャッチャー大石(柴田将士)に踏まれて骨折、絶体絶命のピンチになる。

が、試合当日、大雨となり、日の出商が不戦敗を伝え、勝利に狂喜乱舞し羽目を外すナインたち。
そんな体裁に、怒り心頭の校長は、野球経験のない元セパタクロー日本代表の社会科歴史教師・榊原剛(田中直樹)を野球部監督にする・・・



続きを読む
posted by Ky'z at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画

2006年07月02日

映画 戦国自衛隊1549

●製作 … 黒井和男
●製作補 … 佐藤直樹 秋葉千晴
●企画 … 坂上順 早河洋
●プロデューサー … 鍋島壽夫 土川勉 貝原正行
●監督 … 手塚昌明
●原案 … 半村良
●原作 … 福井晴敏 「戦国自衛隊1549」
●脚本 … 竹内清人 松浦靖
●音楽 … Shezoo
●主題歌 … 「涙の数だけ」 Full Of Harmony
●出演 … 江口洋介 鈴木京香 鹿賀丈史 北村一輝 綾瀬はるか 生瀬勝久 嶋大輔 的場浩司 宅間伸 中尾明慶 伊武雅刀
●特別撮影協力 … 陸上自衛隊
●製作 … 角川映画 日本映画ヘラルド 日本テレビ放送網 「戦国自衛隊1549」製作委員会
●配給 … 東宝 2005

的場一佐(鹿賀丈史)率いる第3特別実験中隊が陸上自衛隊東富士駐屯地で、人工磁場発生器の実験中に神崎怜二尉(鈴木京香)の判断ミスで大事故が発生。
第3特別実験中隊は約460年前の戦国時代に飛ばされてしまう。

その後、過去への過干渉が原因と思われる虚数空間「ホール」が日本各地に出現し、世界は破滅の危機に陥った・・・

かつて的場が創設した特殊部隊Fユニットの一員でありながら、今は居酒屋で雇われ店長となった鹿島勇祐(江口洋介)の元に神崎と森三佐(生瀬勝久)が現れ、第3特別実験中隊救出を持ちかける。
鹿島はFユニットで唯一、的場を破ったことがあったのだ。
最初は参加する意志の無かった鹿島だが、的場たちの代わりにこの世にタイムスリップした斉藤道三の家臣・七兵衛(北村一輝)の言葉に触発されて参加を決意する。

陸上自衛隊東富士駐屯地で、最初の暴走事故とそっくり同じ状況を作り出し、二度目のタイムスリップが実行される。

しかし、その先で待っていたのは「天導衆」を名乗る近代の軍備を備えた侍たちと、正史の織田信長に成り変かり、歴史を塗り替えようとしている的場の姿だった・・・



続きを読む
posted by Ky'z at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本映画

2006年01月04日

映画 男たちの大和/YAMATO

●製作総指揮 … 高岩淡 広瀬道貞
●製作 … 角川春樹
●企画 … 坂上順 早河洋
●プロデューサー … 厨子稔雄 小柳憲子 村上典吏子
●監督・脚本 … 佐藤純彌
●原作 … 辺見じゅん 「決定版 男たちの大和」
●音楽 … 久石譲
●主題歌 … 「CLOSE YOUR EYES」 長渕剛
●出演 … 反町隆史 中村獅童 山田純大 長嶋一茂 奥田瑛二 松山ケンイチ 蒼井優 渡辺大 内野謙太 崎本大海 橋爪遼 余貴美子 高畑淳子 勝野洋 林隆三 白石加代子 寺島しのぶ 鈴木京香 渡哲也 仲代達矢
●製作協力 … 海上自衛隊 広島県 広島市 尾道市 呉市 大和ミュージアム 日立造船株式会社 (株)大宝組 (財)水交会
●製作 … 東映 角川春樹事務所 テレビ朝日 東映ビデオ 朝日放送 広島ホームテレビ 九州朝日放送 北海道テレビ 長崎文化放送 鹿児島放送 朝日新聞社 東京都ASA連合会  中国新聞社 北日本新聞社 東映アニメーション ゲオ TOKYO FM 幻戯書房 サンブック社 東映エージェンシー 「男たちの大和/YAMATO」製作委員会
●配給 … 東映 2005

内田真貴子(鈴木京香)は呉の大和ミュージアムを訪れ、大和が眠る海へ向かう為、鹿児島県・枕崎に向かう。真貴子は漁協に船を出すように懇願するが断られる。そこに老漁師の神尾(仲代達矢)が居合わせ、様々な思いから小さな漁船で大和が沈没した地点に向かう。
神尾は真貴子と話している内に、大和に乗船していた内田二兵曹の娘だと知る。
神尾の脳裏には60年前の光景が蘇ってくる・・・

昭和19年2月、神尾たち特別年少兵が徴収され大和に乗組む。大和の姿に少年たちの目が輝くが、見とれるまもなく厳しい訓練が始まった。そんな彼らの前に、柔道の対決をしている二人の上官が目に映る。烹炊(ほうすい)所の班長を務める森脇二主曹(反町隆史)と機銃射手である内田二兵曹(中村獅童)だった。

森脇と内田、唐木(山田純大)は、同じ時期に大和に乗船した気心の知れた仲で、大和の下士官の中で異彩を放っていた。

同年10月、レイテ沖海戦に出撃する大和は、襲来する米軍機の激しい爆撃、機銃掃射にさらされる。負傷した内田を戦時治療室に運んだ森脇は、初めての実戦に戸惑う神尾(松山ケンイチ)ら特年兵たちを叱咤激励し続ける。事実上連合艦隊が壊滅に追い込まれたこの海戦で、重傷を負った内田は、呉の海軍病院送りとなり、大和の任務から外れることになった。

翌20年4月1日、米軍機が沖縄に来襲、参謀長より遂に伊藤司令官、有賀艦長に対して、沖縄への大和の特攻の命が下される・・・



続きを読む
posted by Ky'z at 11:43 | Comment(8) | TrackBack(17) | 日本映画

2005年12月17日

映画 ALWAYS 三丁目の夕日

●監督・脚本・VFX … 山崎貴
●エクゼクティブプロデューサー … 阿部秀司 奥田誠治
●原作 … 西岸良平「三丁目の夕日」
●脚本 … 古沢良太
●音楽 … 佐藤直紀
●主題歌 … 「ALWAYS」 D-51
●出演 … 吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろ子 堀北真希 小清水一揮 須賀健太 奥貫薫 石丸謙二郎 麻木久仁子 松尾貴史 益岡徹 小日向文世 もたいまさこ 三浦友和 
●製作 … 日本テレビ ROBOT 小学館 バップ 東宝 電通 読売テレビ 読売新聞 白組 IMAGIKA/STV MMT CTV HTV FBS 「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会 
●配給 … 東宝 2005

昭和33年の東京。高度経済成長の真っ只中、東京タワーが完成するこの年に東京夕日町三丁目に青森から集団就職で六子(堀北真希)が鈴木オートにやってきた。短気だが家族思いの父・鈴木則文(堤真一)、優しさで皆を包み込む母・トモエ(薬師丸ひろ子)、やんちゃ坊主の長男・一平(小清水一揮)に暖かく迎えられたが、立派な会社を想像していた六子はがっかり。そんな六子に一平は「もうすぐテレビがくる」と教えて励ます。
一方、鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主の茶川竜之介(吉岡秀隆)は芥川賞の最終選考にも残ったこともある作家だが、今は三流少年誌に子供向け冒険小説を執筆しているだけだった。

ある日、竜之介が恋心を抱く一杯飲み屋の女将・ヒロミ(小雪)の店で飲んでいた竜之介はヒロミに乗せられて、引き取り手のない少年・淳之介(須賀健太)を預かることに…



続きを読む
posted by Ky'z at 15:36 | Comment(8) | TrackBack(44) | 日本映画

2005年12月02日

映画 インストール

●製作 … 黒井和男
●プロデューサー … 佐藤直樹
●監督 … 片岡K
●原作 … 綿矢りさ 「インストール」
●脚本 … 大森美香
●主題歌 … Rita iota(リタ・アイオウタ)
●出演 … 上戸彩 神木隆之介 中村七之助 菊川怜 小島聖 田中好子
●製作 … 角川映画 テレビ東京 日活 ハピネット
●配給 … 角川映画 エンジェル・シネマ 2004

学校生活を放棄し、部屋にあるすべてのものを捨てた朝子(上戸彩)は風変わりな小学生・かずよし(神木隆之介)とゴミ捨て場で出会う。朝子の捨てたパソコンが欲しいと言われ、朝子はかずよしにあげる。ある日、かずよしに出会った朝子はそのパソコンで人妻風俗嬢のエロチャットの代役のバイトをしないかと誘われる。やがてそのバイトは2人の日課となり、怪しげな世界にのめり込んでいく・・・


続きを読む
posted by Ky'z at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日本映画

2005年10月04日

ジョゼと虎と魚たち

●製作 … 小川真司
●プロデューサー … 久保田修
●監督 … 犬童一心
●原作 … 田辺聖子
●脚本 … 渡辺あや
●主題歌 … 「ハイウェイ」 くるり
●出演 … 妻夫木聡 池脇千鶴 新井浩文 上野樹里 江口徳子 新屋英子 藤沢大悟 陰山泰 SABU 大倉孝二 荒川良々 西田シャトナー 山本浩之 板尾創路 森下能幸 佐藤佐吉
●配給・制作 … アスミック・エースエンタテインメント 2003

ある日、大学生の恒夫(妻夫木聡)は、坂道を暴走する乳母車に遭遇する。乗っていたのはいきなり包丁を振りかざした少女(池脇千鶴)だった。歩けない孫娘を「こわれもの」として世間から隠そうとする老婆(新屋英子)は恒夫に朝ごはんを勧める。その少女くみ子は自分を”ジョゼ”と名のり、手際よく料理した食事を恒夫に振る舞う。その美味しさに恒夫恒夫はジョゼの家に通うように。そして、気の強いジョゼと付き合う内に徐々に惹かれていくのであった・・・


続きを読む
posted by Ky'z at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(8) | 日本映画

2005年08月15日

スウィングガールズ SWING GIRLS

●製作 … 亀山千広 島谷能成 森隆一
●エクゼクティブプロデューサー … 桝井省志
●企画 … 関一由 藤原正道 千野毅彦
●プロデューサー … 関口大輔 堀川慎太郎
●監督・脚本 … 矢口史靖
●脚本協力 … 矢口純子
●音楽 … ミッキー吉野 岸本ひろし
●出演 … 上野樹里 貫地谷しほり 本仮屋ユイカ 豊島由佳梨 平岡裕太 西田尚美 菅原大吉 竹中直人 白石美帆 小日向文世 渡辺えり子 桜むつ子 谷啓
●製作 … フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝 電通
●配給 … 東宝 2004

舞台は東北の片田舎の高校。ふとしたことから、野球部の応援に行った吹奏楽部の弁当を届けることになった補習組の鈴木友子(上野樹里)たち。ところが、その弁当を食べた部員が食中毒に。ひとり弁当が無かった中村拓雄(平岡裕太)は、次の試合までに即席ブラスバンドを結成しようとする。集まったのは、ほとんどが未経験者の17人。仕方なく、17人で演奏可能なビッグバンドジャズを組み、早速練習を開始した。次第にジャズの楽しみを覚えていく友子たちだが、本番前日、ブラスバンド部員が帰ってきて解散することに。悔しさを滲ませる友子は、自分たちでビッグバンドを組むことにするが…


続きを読む
posted by Ky'z at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(4) | 日本映画

2005年08月08日

映画 海猿

●製作 … 亀山千広 阿部秀司 武政克彦 鳥谷能成
●企画 … 関由一 堀部徹
●プロデューサー … 臼井裕詩 安藤親広
●監督 … 羽住英一郎
●原作 … 佐藤秀峰
●原案・取材 … 小森陽一 「海猿」
●脚本 … 福田靖
●音楽 … 佐藤直紀
●主題歌 … 「Open Arms」 JOURNEY
●出演 … 伊藤英明 加藤あい 海東健 香里奈 伊藤淳史 村田充 田中哲司 中根徹 渡辺典子 朝加真由美 杏子 國村隼 藤竜也
●撮影協力 … 海上保安庁
●製作 … フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン 東宝
●配給 … 東宝 2004

全海上保安官のうち、わずか1%しかなれないという海難救助の潜水士を目指し、選りすぐられた14名の若き保安官が50日間の厳しい研修に臨む。仙崎大輔(伊藤英明)は誰よりも能力が劣る工藤(伊藤淳史)と組まされる。工藤に足を引っ張られながらも、彼を励まし続ける仙崎。能力の優れる三島(海藤健)は彼らに理解を示さず、やがて大輔と対立する。
その中で一週間が経ち、待ちに待った外泊許可が。訓練生はこの時に、羽目を外して街に繰り出すことから「海猿」と呼ばれていた。
街に出た大輔は、母が病気で帰省していた出版編集者・伊沢環菜(加藤あい)に出会う・・・



続きを読む
posted by Ky'z at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(4) | 日本映画

2005年07月20日

映画 いま、会いにゆきます

●製作 … 近藤邦勝
●製作統括 … 島谷能成 斎藤薫 安永義郎 亀井修 細野義朗 伊東雄三
●エクゼクティブプロデューサー … 本間英行
●プロデューサー … 市川南 春名慶 堀口慎
●監督 … 土井裕泰
●原作 … 市川拓司 「いま、会いにゆきます」
●脚本 … 岡田惠和
●音楽 … 松原憲
●主題歌 … 「花」 ORANGE RANGE
●出演 … 竹内結子 中村獅童 武井証 浅利陽介 平岡祐太 大塚ちひろ 中村嘉葎雄 市川実日子 YOU 松尾スズキ 小日向文世
●製作 … 「いま、会いにゆきます」製作委員会(TBS 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ 小学館 S・D・P MBS)
●配給 … 東宝 2004

雨の季節になったら、ママは必ず戻ってくる。小学一年生の佑司(武井証)は、一年前に病気で死んだ母・澪(竹内結子)が残した絵本の言葉を信じていた。父の巧(中村獅童)も、有り得ないことだとわかっていながら、つい空模様が気になってしまう。
そして梅雨の季節、二人の前に澪が表れる。しかし、彼女は一切の記憶を失っていた。
その日から六週間の三人の生活が始まる。
ある日、ふと澪は結婚まで至った二人のなり染めを尋ねる。巧は高校時代の二人の出会いを話し始めた・・・



続きを読む
posted by Ky'z at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(13) | 日本映画

2005年07月01日

g@me

●制作 … 亀山千広 島谷能成 遠谷信幸 武政克彦
●エクゼクティブプロデューサー … 関一由 宅間秋史
●プロデューサー … 小岩井宏悦 増田久雄 三田美奈子
●監督 … 井坂聡
●原作 … 東野圭吾 「ゲームの名は誘拐」
●脚本 … 尾崎将也
●音楽 … 松原憲
●主題歌 … 「It's all a game」 ZEEBRA
●出演 … 藤木直人 仲間由紀恵 宇崎竜童 IZAM 石橋凌
●製作 … フジテレビ 東宝 電通 ポニーキャニオン
●製作協力 … プルミエ・インターナショナル
●配給 … 東宝 2003

エリート広告代理店社員、佐久間俊介(藤木直人)は大手ビールメーカー「ミカドビール」の新商品キャンペーンを担当していた。
ところが、局長の小塚滋(宇崎竜童)から急遽キャンペーンの中止を知らされた。
「ミカドビール」の副社長に就任した葛城勝俊(石橋凌)がこのキャンペーンに反対したのだった。
このプロジェクトから外され、プライドを傷つけられた佐久間。
酔った挙句、あてもなく葛城邸に向かい、帰ろうとすると、塀を乗り越えて一人の女が目の前に現れた。
家出した彼女の後をつけ、話すと葛城副社長の長女・樹理(仲間由紀恵)と名乗る。
樹里から狂言誘拐を持ちかけられ、断る佐久間だが、ついに受け入れてしまう・・・



続きを読む
posted by Ky'z at 21:37 | Comment(3) | TrackBack(2) | 日本映画

2005年03月10日

きょうのできごと

●監督・脚本 … 行定勲
●原作 … 柴崎友香
●脚本 … 益子昌一
●主題歌 … 「マーブル色の日」 矢井田瞳
●出演 … 田中麗奈 妻夫木聡 伊藤歩 柏原収史 三浦誠己 石野敦士 松尾敏伸 池脇千鶴 山本太郎 椎名英姫 北村一輝 派谷恵美 佐藤仁美 大倉孝二 津田寛治
●配給・制作 … コムストック レントラックジャパン よみうりテレビ 葵プロモーション 電通 シィー・スタイル 2003

京都の同級生「正道」の元に引越し祝いを持って訪れた「真紀」、「中沢」、「けいと」。すでに来ていた仲間と共に一時を過ごす。その時、ビルの隙間に落ちた男や海岸に鯨が打ち上げられていた・・・


続きを読む
posted by Ky'z at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本映画

2005年03月03日

映画 あずみ

●プロデューサー … 山本又一朗
●監督 … 北村龍平
●原作 … 小山ゆう
●出演 … 上戸彩 オダギリジョー 岡本綾 小橋賢児 成宮寛貴 金子貴俊 石垣佑磨 小栗旬 北村一輝 竹中直人 原田芳雄
●配給 … 東宝 日本ヘラルド映画 2003

家康に重用されている南光坊天海から命を受けた爺によってあずみはじめ10人の若者たちは刺客として育てられる。
ある日あずみ達は徳川に反旗をひるがそうと企む浅野長政、加藤清正、真田昌幸3人の暗殺の任を打ち明けられるが、最後の試練として仲間同士殺し合いを命じられる・・・



総発行部数約800万部の超人気コミック・エンターテイメントの実写映画化。

出演陣を見ると単なるアイドル映画かと思わせるが、それを払拭されるほどしっかりと作りこまれています。

ストーリー自体、キャラクターなどに漫画の面影が残るものの残虐なシーン等が数多くありシリアスな路線を走っています。
息つかせる間も与えないほどの鋭い切り口で話が進んでいるところからもアクション映画として成功したといえるでしょう。
特に最後の200人斬りはそのことを如実に表しています。

上戸彩のあずみの揺れ動く心と幾多の殺陣を軽快にかつ体当りで演じている姿は高い評価が与えられるのではないでしょうか。

それにしても上戸彩ってそれ程派手さやインパクトを感じないのになぜかすごい人気ですよね〜
でも、何かあるんですよね、どこにでも居そうで居ないみたいな。
厭味をあまり感じるタイプではなく好感を持たれやすいのも、映画やCMで大活躍している一因でしょう。

この映画は基本、アイドル達が中心にいるので脇を固める俳優陣は原田芳雄や竹中直人とかなり渋めです。竹中扮する加藤清正の嘘くさいけど、アリだろうと思わすパワーと原田芳雄の爺の地味だけど、とても力強い演技はとても印象度大です。

その中にあってこの映画の最大の見所はオダギリジョーが演じる「最上美女丸」でしょう。

この映画を観るまでオダギリジョーってカッコばかり気にして、それほど魅力を感じませんでした。
しかし、この映画ではオカマキャラを見事にこなし、見た目や仕草は笑えるのに映画に完全に馴染んで絶対的存在感を放っていました。必見です。

この作品の続編が3/12からロードショーのようです。
まだ真田昌幸が残っていますからね〜

出演は前回から上戸彩、石垣佑磨、北村一輝らの他に「キルビル」の栗山千明が出ています。
脇を固めるのが高島礼子や平幹二朗といった前回同様きっちり締めにかかっています。

少しキャストの中で気になったのが前田愛という名前です。
確かあっぱれさんま大先生に出演していた子役出身で休業していた人だと思うのですが復帰したのですかね?
妹の方も私が見ていないだけかもしれませんが、「バトルロワイヤル」以来見ていないような?

私見的評価 81点

あずみ スタンダード・エディション
アミューズソフトエンタテインメント (2003/11/21)
売り上げランキング: 4,480

おすすめ度の平均: 3.23
4 結構面白い!
5 かなり時代劇にはまりました。
1 やめて欲しい。


ここでひとつトリビアを・・・続きを読む
posted by Ky'z at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(5) | 日本映画

2005年03月01日

映画 キューティーハニー

●企画 … 奥田誠治 中嶋哲也
●プロデューサー … 甘木モリオ 川端基夫
●監督・脚本 … 庵野秀明
●原作 … 永井豪
●脚本 … 高橋留美
●主題歌 … 「キューティーハニー」 倖田來未
●出演 … 佐藤江梨子 市川実日子 村上淳 及川光博 片桐はいり 小日向しえ 新谷真弓 手塚とおる 篠井英介 松尾スズキ 嶋田久作 松田龍平 京本政樹 吉田日出子
●配給 … ワーナー・ブラザーズ 2003

永井豪原作アニメの実写化と言っても「アニメじゃなく実写でもない、デジタルコミックシネマ」と名打っています。

監督は『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明。

しょっぱなからやってくれます、超B級映画路線まっしぐら!
動きがコミカルで寒いぐらい笑えます(^_^)
戦闘シーンなどの動きのタッチがアニメというよりマンガと実写の融合を実現しています。
今までで初めてカモ!?

このワケのわからない映像と展開、サトエリの演技で呆れて笑うしかない状態で今後どうなるのだろうと思ったのも束の間でした。

急に展開が落ち着きだし、最初の段階でキツサに慣れたこともあって知りつぼみになっていく感がありました。
キャッチにもあるように「愛」をテーマにしたものですが、内容的には薄くて子供向きなのかもしれません。

B級路線に走っているのはキャラにも見えます。
露出しまくりの「ハニー」やどこかで見たような覚えのあるスタイルの刑事「秋夏子」、古めかしいファッションでマンガから出てきたような「早見青児」。
及川光博他悪役もアニメをベースにしているので、かなり奇抜なスタイルです。
ミッチーってシリアスからアニメキャラまで何でも卒なくこなしますね〜

でも、お気に入りは手塚とおる扮する執事でしょう!
この中にあっても、かなり濃いキャラクターです。観てもらえば一目瞭然。
観終わって思うことは執事が一番強いんじゃない?ってことです。

アニメのキューティーハニーをあまり観たことがないので実際のものとどのような違いがあるかはわかりませんが、多分こんなんじゃないはず!?

最初のテンションでずっと突っ走ったらむっちゃ面白いのに・・・疲れるか(笑)

最後に関係ないことですが、市川実日子のメガネ姿がともさかりえに見えてしまいました、外すとぜんぜん似てないのに(^_^;)

もっと関係ないことですが、北陽が出ていました・・・

私見的評価 66点

キューティーハニー
キューティーハニー
posted with amazlet at 05.07.07
バップ (2004/12/22)
売り上げランキング: 4,975

おすすめ度の平均: 3.17
3 良いと思うけど・・・
4 素直におもしろかった
2 ガッカリ・・・
posted by Ky'z at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本映画

2005年02月28日

映画 花とアリス

●プロデューサー・監督・脚本・音楽 … 岩井俊二
●撮影監督 … 篠田昇
●アソシエイトプロデューサー … 前田浩子
●ラインプロデューサー … 中山賢一
●音楽 … 高宮永徹
●出演 … 鈴木杏 蒼井優 郭智博 相田翔子 阿部寛 平泉成 木村多江 大沢たかお 広末涼子 ルー大柴 アジャ・コング 伊藤歩 中野裕之 大森南朋 叶美香 テリー伊藤
●配給 …  ロックウェルアイズ 東宝 2004

観始めると一体何の映画だろう?と思わせるほど目的も見えず、フラットにストーリーが進んで行きます。
ところが、この手の映画としてはめずらしい2時間以上の上映時間にも関わらず、飽きさせない魅力があるのです。

本編のほぼ半分に音楽が流れ、岩井監督らしいノスタルジックかつドキュメントのような映像で独自の世界を引き出しています。

物語は主人公「花」と「アリス」、そして「宮本先輩」を中心に高校生の青春を描いています。
登場するキャラクターが結構個性的で、その点もこの映画の魅力の一つではないでしょうか。

名前はわからないのですが、花やアリスと共にバレエをやっていて写真を撮る少女の物腰の柔らかい演技はとても印象に残っています。

しかし、出演の中で最も輝いていたのはダントツで蒼井優でしょう。
蒼井優を初めて映画宣伝の時に見たのですが印象に残らず、その段階ですでにリターナーでの演技を見ていた鈴木杏が映画の中心だろうと思っていました。

予想は見事に裏切られました。
確かに序盤は鈴木杏の存在感が目立っていたのですが、時には活発に、時にはアンニュイにアリスを演じている姿は完全に主役が逆転していました。

特に十代のアリスが抱えている孤独やコンプレックスを表現しきっているのが素晴らしかったです!

印象的なシーンはアリスと宮本先輩と水辺のレストランのシーンと
多くの人が答えるであろうオーディションでのアリスのバレエのシーンです。

その他阿部寛、大沢たかお、広末涼子、叶美香等豪華な出演陣だったりしますが、実はチョイ役だったりしています(^_^)

後で知ったことですが、短編をつなぎ合わせた作品だったようで目的が見えないという最初の疑問が解消しました。
ついでにこれも後で知ったことですが、岩井俊二監督は監督・脚本業と共に音楽も手がけています。凄いですね〜

ショートフィルム版はDVD版には収められているようです。

この映画は3人の細かな心の動きをを愉しんでもらえればいいと思います。
きっと観た後は新鮮な空気を吸った後のように心地よいものになるのではないでしょうか。

私見的評価 85点

花とアリス 特別版
花とアリス 特別版
posted with amazlet at 05.07.07
アミューズソフトエンタテインメント (2004/10/08)
売り上げランキング: 4,454

おすすめ度の平均: 4.64
4 二人の若き女優達がすごい
5 あつらえた記憶よりも、真摯に積み重ねた想い出がいかに美しいかを語る映画
5 かわいすぎ!!

『ドラマ がんばっていきまっしょい』ページへ
posted by Ky'z at 01:53 | Comment(8) | TrackBack(12) | 日本映画

2005年02月24日

ゲロッパ !

●エグゼクティヴプロデューサー … 李凰宇
●プロデューサー … 石原仁美
●監督・脚本 … 井筒和幸
●脚本 … 羽原大介
●音楽 … 高宮永徹
●出演 … 西田敏行 常盤貴子 山本太郎 岸部一徳 長塚圭史 太田琴音 ラサール石井 塩見三省 根岸季衣 寺島しのぶ 奥貫薫 トータス松本 岡村隆史 益岡徹 藤山直美
●配給 … シネカノン 電通 ハピネット・ピクチャーズ グッドニュー メモリーテック アーティストフィルム 衛星劇場 2003

やくざの組長の羽原は刑務所に収監される為、大好きなジェームスブラウンのコンサートに行けなくなってしまった。組の解散を決意し、気落ちしている姿を見た弟分の金山は子分に「ジェームズ・ブラウンをさらって来い」と命令を下し、25年間会っていない娘のかおりと結びついていきます・・・


最近はテレビでも活躍の井筒和幸監督作品。
皆さんの中には顔は知っているけど、作品は観たことがないという方もいるのではないでしょうか?

タイトルの由来はJBの代表作「セックス・マシーン」の一節「get up」がゲロッパに聴こえるからだそうです。

井筒監督といえば豪快に下町テイスト漂う作風だと思いますが、この作品も独特の雰囲気は健在です。

筋がごちゃごちゃしてバラバラで何なのコレ?と思っちゃいますが、徐々に繋がってきて、最終的には一つにまとまっていきます。強引にやっている感は強いですが、人間味に溢れているのであまり嫌味に感じないのが監督らしいところでしょう。

とにかくテンポを大事にして人間のぶつかり合いを作ってる、そんな感じではないでしょうか。

キャストですが、やっぱり西田敏行はうまいですね〜存在感が別格です!
ヒロインの常盤貴子もきれいで存在感あります、スクリーンだと映えそうです。
その他の俳優陣も実力派が並び、作品を引き締めています。

しかし!一番の驚きはチョイ役に寺島しのぶやトータス松本、岡村隆史等豪華キャストが出演しちゃってるところでしょう。どの辺りでどんな形で出てくるか楽しみに観て下さい!(^^)!

正直言って物語として得ることはないかも知れませんが、井筒作品特有の生ている人間を感じさせてくれます。

私見的評価 73点

ゲロッパ ! GET UP スペシャル・エディション
ハピネット・ピクチャーズ (2004/04/09)
売り上げランキング: 22,273

おすすめ度の平均: 3.96
4 あの場面のテンションをもっとあげて欲しかった!
5 やっぱり井筒監督は天才だ!
5 2003年、一番泣いた映画です(おじさん向け?)
posted by Ky'z at 00:36 | Comment(2) | TrackBack(3) | 日本映画

2005年02月02日

映画 世界の中心で、愛をさけぶ

●監督 … 行定勲
●原作 … 片山恭一 「世界の中心で、愛をさけぶ」
●脚本 … 坂元裕二 伊藤ちひろ 行定勲
●主題歌 … 「瞳をとじて」 平井堅
●出演 … 大沢たかお 柴咲コウ 長澤まさみ 森山未來 山崎努
●製作 … 東宝 TBS 博報堂 小学館 S・D・P MBS 2004

物語は主人公朔太郎が書置きを残して姿を消した婚約者律子を探すことから始まる。
偶然見たテレビで律子が朔太郎の故郷の四国にいることを知り、四国に向かう朔太郎。
そこから朔太郎が高2の時の初恋の相手アキとの足跡を辿りながら話が進んでいきます・・・



言わずと知れたベストセラー小説の映画化。

とても自然流れで観ていて違和感は全く無いです。
サクとアキのシーンはとても好感が持てて高校時代に戻りたくなったりします。
そして物語が続くにつれて、朔太郎と律子をある悲しい運命が結びつきます。
しかし、その悲しい運命がこれから生きていく2人が前を向いていくこと気づかせてくれます。

終わり方はとてもきれいで心がすっきり晴れるような映画ですが、若干物足りなさを感じます。
それはアキが白血病になった時の2人の複雑な想いが深く表現出来ていないからではないでしょうか。
それは物語は現在の朔太郎と律子が主人公で、サクとアキはあくまで思い出の描写という感じの描き方をしている為だと思います。

余談ですが大沢たかおと森山未来の現在と過去の朔太郎が全く違和感がなく見れました。よく見ると結構似ているのかも!?
映画とリンクしてここまで一貫して自然を通し抜いています。

この映画は思い悩んでいる時などに観るととても癒されるのではないでしょうか?
そんな時にぜひご覧下さい。

次回はドラマ版の「世界の中心で、愛をさけぶ」のプレビューを予定しています。

私見的評価 86点

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
東宝 (2004/12/23)
売り上げランキング: 952

おすすめ度の平均: 3.62
5 映画としては、本当は失格だけど
5 これは・・・
4 何としても・・・


『ドラマ 世界の中心で、愛をさけぶ』ページへ

『きょうのできごと』ページへ

続きを読む
posted by Ky'z at 23:25 | Comment(5) | TrackBack(11) | 日本映画

2005年01月23日

映画 CASSHERN

●監督・撮影・編集 … 紀里谷和明
●ゼネラルプロデューサー … 宮島秀司
●原作 …「新造人間キャシャーン」 竜の子プロダクション
●脚本 … 紀里谷和明 菅正太郎 佐藤大
●主題歌 … 「誰かの願いが叶うころ」 宇多田ヒカル
●出演 … 伊勢谷友介 麻生久美子 寺尾聰 樋口可南子 大滝秀治 三橋達也 唐沢寿明
●制作 … 松竹 2004

昔のアニメを作り変えただけだから大したことないよって思っていた人は結構多いと思います。
評価も辛口なものが目立ちます。
結論から言うとこの映画は大変意義あるものだと思います。

大概の人はあのCGを駆使した紀里谷監督の映像世界に魅了されると思います。
確かに大変リアリティーがあり、かつ幻想的な雰囲気は宇多田ヒカルの「traveling」等のプロモーションビデオでもご存知の紀里谷ワールドが描かれてました。その中でも伊勢谷友介と麻生久美子のシーンは二人の魅力と融合して強く惹きつけられます。

しかし、それ以上にこの映画はストーリーが光っていました。

よくあるヒーローものは勧善懲悪が基本路線になっていますが、この話は正義と悪でなく、それぞれに思いがあり、考えがあり、痛みを持つという本来私達が忘れがちなことを表現した作品です。

原作を見たことがないので判断出来なかったのですが、根強いファンがいるのが理解出来ました。

あえて筋には触れません。
わかりにくい部分も多いと思いますが、
ぜひこの映画を皆さんに見てほしいと思っています。

私見的評価 88点

CASSHERN
CASSHERN
posted with amazlet at 05.07.07
松竹 (2004/10/23)
売り上げランキング: 3,532
posted by Ky'z at 14:40 | Comment(2) | TrackBack(6) | 日本映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。