2007年03月09日

ドラマ 松本清張 わるいやつら

●チーフプロデューサー … 五十嵐文郎
●プロデューサー … 内山聖子 奈良井正巳 中川慎子
●協力プロデューサー … 霜田一寿 梅田玲子
●演出 … 松田秀知 藤田明二
●原作 … 松本清張 「わるいやつら」
●脚本 … 神山由美子
●音楽 … 佐藤準
●主題歌 … 「Luna」 安良城紅
●出演 … 米倉涼子 上川隆也 北村一輝 笛木優子 小島聖 余貴美子 平山広行 金子昇 朝加真由美 伊武雅刀 大杉蓮
●制作協力 … ザ・ワークス
●制作 … テレビ朝日 朝日放送 2007

金持ちの若妻・横武龍子(小島聖)と関係を持つ戸谷病院院長・戸谷信一(上川隆也)は龍子に毎日飲ませると心臓が弱っていくという毒薬を渡していたが、その薬は毒薬ではなく、龍子が夫に毒薬を飲ませて苛まれているのを楽しんでいるだけだった。
ある日、戸谷病院の看護士・寺島豊美(米倉涼子)は、戸谷に食事に誘われる。
戸谷の友人の弁護士・下見沢作雄(北村一輝)に偶然レストランで出会ったが、戸谷に渡された高級ドレスを着た豊美の姿を見て、戸谷も下見沢も心奪われる。

後日、戸谷と共に温泉に向かった豊美だったが、戸谷の愛人で料亭の女将・藤島チセ(余貴美子)が乗り込んできて、元の院長と看護師の立場に戻る。

数日後、下見沢が体調の優れない顧客のデザイナー・横村隆子(笛木優子)を診察して欲しいと戸谷を訪れる。
隆子を診察する戸谷の姿を見て嫉妬する豊美。

複雑な心境を抱き続ける豊美と戸谷の前に喪服姿の龍子が現れる。
夫の遺体から毒物が検出され、警察から事情聴取された龍子は、渡された毒物の事を黙ることを条件に戸谷に結婚を迫る。

激高する龍子に豊美は鎮静剤を打ちその場を凌ぐが、龍子が目を覚ませばすべてを失うことになる。
二人はさらに鎮静剤を打ち、戸谷が死亡診断書を書いて龍子の存在を葬り去ることを決意する…



続きを読む
posted by Ky'z at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレ朝系ドラマ

2006年09月18日

ドラマ 下北サンデーズ 最終レビュー

序盤はテンポもよく、内容も斬新に感じていたのですが、回を追うごとに展開に目新しさがなくなり、残念ながら、ストーリーが硬くなってしまいました。

初回を観た感じでは、ドラマでなく劇団員のドキュメントを見ているような感じだったので期待したのですが、実際の展開は、劇団のサクセスストーリーから、最終的には「本当に大事な場所とは?」といった在り来たりのメッセージになったのはとても残念です。

ただ、昔、夢を追いかけていた人には、「現実と夢のハザマ」というテーマには感慨深いものがあるのではないでしょうか。

続きを読む
posted by Ky'z at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレ朝系ドラマ

2006年07月30日

ドラマ 下北サンデーズ

●プロデュース … 桑田潔 市川龍次
●演出 … 堤幸彦ほか
●原作 … 石田衣良 「下北サンデーズ」
●脚本 … 河原雅彦ほか
●音楽 … 屋敷豪太
●主題歌 … 「下北以上 原宿未満」 藤井フミヤ
●出演 … 上戸彩 佐々木蔵之介 石垣佑磨 佐田真由美 大島美幸 松永京子 竹山隆範 藤ヶ谷太輔 金児憲史 高部あい 山口紗弥加 藤井フミヤ 古田新太 北村総一朗
●製作 … テレビ朝日 オフィスクレッシェンド 2006

千葉大学理学部に入学するため山梨から上京した里中ゆいか(上戸彩)だったが、本来ならワクワクするはずのキャンパスライフに気分が上がらなかった。
そんな折、大学の入学説明会で乱入してきた団体のパフォーマンスに思わずは笑ってしまう。笑うことを忘れていたゆいかにとって、とても新鮮な出来事だったのだ。
彼らが「下北サンデーズ.com」というHPアドレスをPRしていたことを思い出し、HPにアクセス。彼らの新作公演が開かれることを知ったゆいかは、週末下北沢の劇場に出掛ける。

伊達千恵美(佐田真由美)、八神誠一(石垣佑磨)、サンボ現(竹山隆範)、キャンディ吉田(大島美幸)、ジョー大杉(金児憲史)、寺島玲子(松永京子)、佐藤新(藤ヶ谷太輔)、田所双葉(高部あい)ら下北サンデーズの劇にすっかり魅せられてしまい大泣きしてしまうゆいか。
そんな姿を見た座長・あくたがわ翼(佐々木蔵之介)がゆいかに声をかけ、話の流れでサンデーズの飲み会に同行することに。
そこで、劇団員の激しい貧乏話を聞いたゆいかは、そんなことにも憧れてしまい、下北サンデーズ入団を直訴する。

入団テストを受けることになったゆいかだが、テストの最中にサンデーズにスタジオを貸しているオーナー・下馬伸朗(古田新太)がいきなりスタジオを今後貸さないと言ってくる。
それを聞いたゆいかは下馬に抗議し、下馬はゆいかの凄まじい情熱に心動かされてしまう。
その様子を一部始終見ていたサンデーズの面々はゆいかの演劇の才能を感じ、入団を認める。

劇団員生活をスタートさせたゆいかだが、現実は甘くなく失敗の連続。劇団の方も大赤字で、劇団創設から10年経った現在も、下北沢で劇団の出世コース、OFFOFFシアター→駅前劇場→ザ・スズナリ→本多劇場の一番下「OFFOFFシアター」のままだった。

そんな中、公演を行う下北サンデーズの劇に、下北の劇団内で有名な牛乳おじさん(藤井フミヤ)が訪れていることを制作担当・江本亜希子(山口紗弥加)が皆に伝える。
牛乳おじさんは劇終了後に差し入れをするのだが、イマイチな劇には「フルーツ牛乳」が、まあまあの劇には「コーヒー牛乳」が、そして、最高評価の「プレーン牛乳」が届いた場合には、その劇団は必ず下北の最高峰「本多劇場」に到達できると言われていた・・・



続きを読む
posted by Ky'z at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(7) | テレ朝系ドラマ

2005年08月09日

ドラマ 特命係長 只野仁 スペシャル

●プロデュース … 黒田徹也 東城祐司 伊藤達哉
●演出 … 植田尚
●原作 … 柳沢きみお 「特命係長 只野仁」
●脚本 … 旺季志ずか
●音楽 … 中西匡
●主題歌 … 「ラブレター」 白羽玲子
●挿入歌 … 「男の美学」 高橋克典
●出演 … 高橋克典 櫻井淳子 永井大 蛯原友里 菊池麻衣子 国生さゆり 谷隼人 田山涼成 三浦理恵子 梅宮辰夫
●製作 … テレビ朝日 2005

休日、只野(高橋克典)は会長秘書の紀子(櫻井淳子)に呼び出され、荷物持ちとして白井事業局長(谷隼人)邸で催された妻・慶子(国生さゆり)の誕生日会に出席する。慶子は電王堂の元秘書で、当時の秘書仲間も集まっていたが、完全に除け者にされ、場違いな只野がいた。
数日後、只野に特命が下る。
社員の林田緑(水谷ケイ)が自殺したのだ。緑は慶子の同期で秘書課から制作部へ異例の異動を果たしたばかりで、慶子のパーティで只野が会った時には、「電王堂初の女性役員になる」と意気込んでおり、自殺するとは考えられなかった。
早速、森脇(永井大)とともに緑のマンションへ向かう只野。
物色する間に、只野の手が緑の下着に…その時、只野の携帯が鳴る。
「何してるの?女の子のパンティ持ったりして!」と真由子(三浦理恵子)に言われ、驚く只野。実は、緑の自宅は覗き部屋サイト「セレブな部屋」に登録されていた・・・



続きを読む
posted by Ky'z at 23:43 | Comment(2) | TrackBack(1) | テレ朝系ドラマ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。