2005年11月28日

ドラマ 花より男子 第6話「大波乱一触即発の三角関係」

フランスから帰国した類(小栗旬)は何か投げやりになってしまっていた。そんな類からつくし(井上真央)は「オレと付き合わない?」とからかわれ、混乱する。そんな中、道明寺(松本潤)はつくしと付き合っていると言い放つ。道明寺の言葉に困惑するつくし。
一方、道明寺は母・楓(加賀まりこ)から、つくしとの関係を問い詰められ、つくしのことは遊びじゃないと宣言する。
楓は、秘書の西田(デビット伊東)に、つくしの家庭のことを徹底的に調べさせる。
楓の動きを聞いて帰国した椿(松嶋菜々子)は、司とつくしのことを認めてあげられないかと楓に訴えるが、楓は聞く耳を持たない。
つくしは椿から道明寺の本心を確かめるために、道明寺と庶民のデートをすることを提案され、実行に移す…



類が帰国し、とうとう三角関係がスタート!
それと同時に楓がつくしとの関係の阻止を狙い、その行動を聞いた椿が司とつくしの仲を取り持とうとする展開になってきました。

その椿の発案で行ったダブルデートで、無神経だと思っていた司がつくしに本心を話した時はかなり意外でした。

また、つくしの為に、優紀の彼氏の中塚(忍成修吾)の失礼な態度に我慢する姿は本当につくしの事を考えていることがよく分かりましたよね〜

ただ、その横柄な態度に我慢していた司もつくしの悪口には我慢できず、殴ってしまいましたが、これも愛してるからこその行動でつくしへの想いが表現されていました。


問い詰めるつくしに言い訳もせず立ち去る姿は、赤札を貼っていた司とは全くの別の、心を持った姿がありました。

司がそういう面を見せたにも関わらず、この一件で二人の溝は深まっちゃいました・・・
そこに割って入ってきた類がつくしに急接近!三角関係が堂々完成です!!


それにしても、桜子はもう出てこないのかと思っていたら、すっかり立ち直って、「司を諦めない」とライバル宣言。正直、桜子のパワーに圧倒されました(^^;

前から気になっていたのですが、西門と優紀が接近の予感!ついでに、女将さんと美作もくっついたりして(笑)

次回以降の展開がホント楽しみです(^^♪

花より男子(だんご)オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ 山下康介
ジェイ・ストーム (2005/12/07)

『ドラマ 花より男子 第7話「バトルF4解散!!」』ページへ

『ドラマ 花より男子 第5話「命がけの愛の告白」』ページへ
posted by Ky'z at 22:29 | Comment(4) | TrackBack(1) | TBS系ドラマ
この記事へのコメント
Ky'zさん、おはようございます。
優紀と西門、原作では・・・。
いやいや、言うまい。(笑)
Ky'zさんいい読みしていらっしゃいます♪
類、つくし、司の恋の行方、楽しみですね!
Posted by ちーず at 2005年12月01日 07:53
ちーずさん、TBありがとうございます。

当たったかどうかはわかりませんが、西門が「苦手なタイプ」と言ったので、そうではないかなって思っちゃいました〜

このドラマ、ホント面白いです(^_^)
Posted by Ky'z at 2005年12月02日 23:48
TBありがとうございます。
司のつくしへの思いが伝わってきますね。
優紀と西門もいい感じになるのかな?^^
Posted by まりこ at 2005年12月03日 12:05
まりこさん、コメントありがとうございます。

優紀と西門が急接近で次回以降楽しみです!
Posted by Ky'z at 2005年12月05日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9932383

花より男子 第6話
Excerpt: 『大波乱一触即発の三角関係』 帰国した花沢類(小栗旬)の前で、突然、つくし(井上真央)の恋人宣言をした 道明寺(松本潤)。 「類、のそっくりさんがいるぞ」と司。 「本人だよ」類が言う。 「は、ああ本..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-12-01 07:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。