2005年11月24日

ドラマ 危険なアネキ 第6話「史上最悪の密着24時間!!」

寛子(伊東美咲)はキャバクラでテレビ番組のディレクターに、密着番組を作って焼酎「みながわ」を復活させようと誘われ、喜んで話を受ける。借金を背負って苦労する姿を前面に出した番組は評判も上々で、近所の人や仲間は寛子を応援するが、その姿を武田(高嶋政伸)や愛(榮倉奈々)とテレビを見た勇太郎(森山未來)は困惑。
昼夜働き通しの寛子はある日、疲労が溜まり、倒れて勇太郎の勤める病院に入院することに。そこで、寛子のレントゲンに胃がんに似た影を見つかり、最初は文句ばかり言っていた勇太郎も心配する・・・



好転を期待していたのですが、ますますドツボにはまっていくという感じですね。

これまで指摘していたバランスの悪さがさらに悪化した感は否めません。
前半と後半の温度差が激しくて、とても感情移入できる状態じゃありませんもんね〜
ストーリーの方も単純なやっつけ仕事のような内容で、今後の展開に疑問を持ちました。

このままだと、視聴率の方も下落の一途かも!?

ちょっと話は変わりますが、このドラマで斑目潤役で佐藤二朗が出演しています。

多くの人が「佐藤二朗って誰?」と思われるかもしれません。
このドラマでは宮崎出身の変なズラを被った料理屋の店長役と言えば分かってもらえるでしょうか?

その佐藤二朗という人物、これまで多数の作品に出演して何度かは見られたことがあると思うのですが、ここ最近、すごい存在感を示していますよね〜

以前は、顔は見たことはあってもキャラの薄いサラリーマンなどの役が多かったようですが、「電車男」や「はるか17」をご覧になられた方なら最近の強烈なキャラ振りにはつい目がいってしまったのではないでしょうか。

中年では、高橋克美なども活躍していますが、40近くまでバイトしてる話などを聞くと、演じることってホント難しいんだな〜としみじみ感じます。

おそらくこの方も、相当苦労されたと思います。
そうでないと、あんな演技できるわけ無いですもんね(^^)

次回以降、佐藤二朗に注目してご覧になられてはいかがでしょうか?

ドラマ「危険なアネキ」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ Rie Jade Kuhl 河野伸
DefSTAR RECORDS (2005/11/23)

『危険なアネキ 第7話「敏腕社長の甘〜い誘惑!!」』ページへ

『危険なアネキ 第5話「小さな小悪魔がやってきた」』ページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9764740

危険なアネキ 第6話
Excerpt: 『史上最悪の密着24時間!!』 皆川寛子(伊東美咲)に、テレビ局のプロデューサーだと名乗る 男(中川家 礼二)が近づいてきた。 その男は、テレビ番組で寛子の働いている姿を見せて視聴者の関心を高め、..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-12-01 07:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。