2005年11月18日

ドラマ 危険なアネキ 第5話「小さな小悪魔がやってきた」

寛子(伊東美咲)が姿を消したが、「2005ミスポンカン娘」に出場する為に帰っていただけで、勇太郎(森山未來)の元に帰ってくる。さらに、生き別れの父に会いたいいとこの麻実(美山加恋)を連れてきた。嫌がる勇太郎を尻目に、麻実は部屋に居座り父親を捜す。そんな中、寛子に多額の借金があることが、キャバクラや勇太郎の病院に広まる・・・


第5話では、「僕と彼女と彼女の生きる道」に出演していた子役の美山加恋ちゃんが出演していましたね〜

久々に見ましたが、小生意気な女の子を見事に演じていました。
観ていてホント腹立ちましたもん(笑)

ドラマのほぼ半分近く過ぎましたが、当初の予想通り同じ型でストーリーが展開しています。
脚本家達の思惑もよく認識できるぐらい考えられているのですが、やはり調和が図られていません。

やはり調和が取れないと感情移入出来ませんから、作品として非常に痛いですよね〜
タイトルから「顔だけイイ女」のフレーズが抜けたので、内容の方も変化がほしいところです。


今回の動きとしては、釈由美子演じる看護士のさおりと同姓の子供の病人はおそらくさおりの子供という点でしょう。

次回、この辺りがキーとなりそうです。

僕と彼女と彼女の生きる道
ビクターエンタテインメント (2004/06/25)
売り上げランキング: 15,263

『危険なアネキ 第6話「史上最悪の密着24時間!!」』ページへ

『危険なアネキ 第4話「顔だけイイ女 恋の勘違い」』ページへ
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
さおりの秘密が少しずつ明らかになりそうですね。
加恋ちゃんは、憎たらしい役をほんとにうまく演じてました(笑)
Posted by まりこ at 2005年11月24日 10:04
TBありがとうございます。
さおりの子供の父親が次回、出てきそうですね〜どのような展開になるのかがポイントになりそうです。
Posted by Ky'z at 2005年11月24日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


危険なアネキ 第5話
Excerpt: 「宮崎の田舎から何の前触れもなく、 突然転がり込んできた、姉の寛子。 ただでさえ迷惑しているのに、弟の恋の邪魔をするわ、 愛ちゃんが振られたのを喜んでいるわ、 とにかくやりたい放題。 まあ..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-11-21 00:49

危険なアネキ 第5話 「小さな悪魔がやって来た」
Excerpt: 皆川寛子(伊東美咲)が、置手紙を残して宮崎に帰ってしまった。 ホッとするはずの勇太郎(森山未來)だが、自分が寛子に言い放ってしまった言葉が原因かと少し気にかかっている。 勇太郎以上に心配しているのが、..
Weblog: どらまにあ
Tracked: 2005-11-24 10:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。