2005年09月17日

ドラマ 海猿 最終話「この手を離さない」

転覆したボートの中に下川(時任三郎)の娘・唯(一木有海)の生存が確認される。大輔(伊藤英明)の主張で特救隊を待たず救出作戦を実施。唯を無事助け出すが、下川が沈没するボートに巻き込まれ意識を失い病院に運ばれてしまう。
心停止状態が長かった下川は、脳への酸素供給不足で意識が戻らない。最悪の場合、植物状態となってしまうと医師に告げられる。大輔は、下川の元妻・里江子(奥貫薫)に「唯ちゃんをパパに会わせて」と懇願する。承諾した里江子は唯を伴って下川のICUへ。唯は下川の手を握り、必死に「パパ」と呼びかけるが…



前回のレビューで話した通り、全体を通しての組み立てを誤った部分はありますが、本来あるべき足元を見た最終回の内容に「やはり海猿」と思わせてくれました。

また、ドラマとは思えないぐらい映画のような映像は、よく頑張ったなあと素直に思わせます。さすが、海上保安庁全面協力だけはあります!

ドラマを通し、普段関わりのあることの少ない海上保安庁の存在を多くの人が認識したのは、社会的にも大変意義があるのではないでしょうか。

映像と共に、音楽もとても素晴らしかったです!
主題歌であるB'zの「OCEAN」は海の壮大さが表れていて、ぐっと来ます。
その他の曲も合わせて、ドラマの内容にピッタリとマッチ!
今クールのmusi-k最優秀音楽賞を上げたいです(^^)

すべてにおいて高水準だったドラマ「海猿」ですが、視聴率の面では平均13.12と重い内容のせいか伸びませんでした。
初回を除いて、ほぼ同じように視聴率が推移していることからも、関心のある人には骨太な内容に好感を持ったようですが、それ以外の人には観る気さえ起こらないといったことが判ります。

特に、一番我々が関心を持たなければならない問題の一つである「不審船発射」の回ではガクンと数字を下げ、ドラマ版「海猿」の最低視聴率でした。

このような結果に、現在の日本人の無関心さが表れているようで悲しく感じます。
「女王の教室」や「ドラゴン桜」など、現在の人間性の問題を鋭く突っ込んだ作品の視聴率が好調ですが、本当に作者の真意が伝わっているのか心配です。

ドラマなのですから、楽しく観ればイイと思いますが、何かを感じ、そのことについて考えることも大事だと思います。
そうすることで、ただドラマを観るといった行為が、自身の経験・考えとして生きてくるのではないでしょうか。

話が逸れましたが、来年には完結編である「海猿2」が公開されます。
映画・ドラマの出来から、きっといい作品になるのではないでしょうか。

前回は映画館で観れませんでしたが、今度はぜひ劇場に行きたいと思います。
海上保安庁の底辺である潜水士からの視点で、また多くのことを伝えてくれることを楽しみにしています(^^)

私見的評価 87点

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX
ポニーキャニオン (2006/01/18)

『映画 海猿』ページへ

『ドラゴン桜 第1話「人生を変えろ!東大へ行け」』ページへ

『ドラマ 女王の教室』ページへ

『ドラマ 海猿 第10話「命にかえて」』ページへ

『ドラマ 海猿 第1話「運命の幕開け」』ページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


海猿 EVOLUTION Final
Excerpt: 『この手を離さない』 岩礁に引っ掛かったプレジャーボートにたどり着いた仙崎大輔(伊藤英明)は、 下川いわお(時任三郎)の娘、唯(一木有海)の名前を連呼した。 「唯ちゃん!そこにいるのか!?返事をして..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-09-25 23:05

海猿(ドラマ)
Excerpt: 最終回&総括
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2005-09-26 10:36

海猿 最終話
Excerpt: 大輔(伊藤英明)がロープを持っていく。 「唯(一木有海)ちゃん聞こえるか! 唯ちゃん、ここにいるのか! 唯ちゃん!」 唯の目が覚める。 「助けて・・」 海猿で使われていたものです。 環..
Weblog: どらまにあ
Tracked: 2005-09-26 11:10

海猿 -UMIZARU EVOLUTION-(ドラマ版)
Excerpt: 7月5日から毎週火曜日夜9時からフジテレビ系で放送していたドラマ「海猿」ですが、昨日の放送で最終回を迎えました。皆さんはこのドラマ、御覧になってましたか? このドラマは去年の夏に公開された映画の..
Weblog: 欧風
Tracked: 2005-09-27 00:09

ドラマ「海猿」
Excerpt: 昨年7月に 映画「海猿」 の感想を書いた。 映画の続編にあたる ドラマ「海猿」が今週 7月5日からフジTVで始まった。 主演は、映画「海猿」と同じく「伊藤英明」さんで、ス..
Weblog: 日々の移ろい
Tracked: 2005-11-19 09:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。