2005年08月03日

スキマスイッチ ALBUM「夏雲ノイズ」

●発売日 ・・・ 2004.6/23
●曲目 ・・・ 01 螺旋 (らせん) 02 ふれて未来を 03 桜夜風 04 view 05 きみがいいなら 06 ドーシタトースター 07 君の話〜エヴォリューションMIX〜 08 僕の話 09 種を蒔く人 10 えんぴつケシゴム 〜Overture〜 11 奏
●発売元 ・・・ BMGファンハウス

●説明 ・・・ 愛知県出身の大橋卓弥(vo&g)、常田真太郎(key&cho)の2人組ユニット。大橋が自分の曲のアレンジを常田に依頼したのをきっかけとして、99年11月に結成。2001年、新宿・渋谷を拠点に本格的なライヴ活動を開始。2002年8月、AUGUSTA CAMP 2002 千葉マリンスタジアムのサブステージに出演し、好評を博す。03年7月、オーガスタレコード第1弾新人として、シングル「view」でメジャーデビュー。


セカンドアルバム、「空創クリップ」がオリコン初登場1位を獲得し、絶好調のスキマスイッチ。
今回は、敢えてファーストアルバム「夏雲ノイズ」を取り上げたいと思います。

私がスキマスイッチを知ったのはセカンドシングル「奏(かなで)」。
この曲を聴いた時、グッと心を掴まれてしまい、去年のMyヘビーローテーションでした。

スキマスイッチって、決して派手でもなく、革新的でもないですが、懐が深くて、心に沁みてくるんですよね〜

その中でも、「奏」は珠玉のバラード。ついつい曲に入り込んでいます。

その「奏」が含まれた「夏雲ノイズ」ですが、彼ららしい楽曲で聴いて損はないでしょう。

特に、疲れている人にはお奨め。ボーっとしている時に聴こえてくるピアノとギター、ヴォーカルにきっと癒されると思います。

前述の「奏」、「ふれて未来を」、「view」のシングル3曲はもちろんの事、聴き応えのある楽曲が目白押し。捨て歌が全くありません。

期待のスキマスイッチですが、唯一、言いたいことがあるとすれば、詩などの深みでしょうか。
もっとえぐり込む様な独自の想いが出てくれば、更なる成長は間違いないでしょう。

私見的評価 89点

夏雲ノイズ
夏雲ノイズ
posted with amazlet at 05.08.03
スキマスイッチ
BMGファンハウス (2004/06/23)
売り上げランキング: 85
posted by Ky'z at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(邦楽)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5573015
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。