2005年06月20日

ドラマ 日曜劇場「あいくるしい」第10話

園子(原田美枝子)の出現で、真柴家はギクシャクしはじめる。豪(市原隼人)は、この状態を何とかするため家族会議を開くことを提案。
一方、みちる(綾瀬はるか)は淳一(小栗旬)と再会して自然な気持ちになれている自分に気付く。
淳一との別れ際みちるは、近所で自殺未遂が起こった事を知らされる。
豪がトレーニングから帰ると、原沢家の前に救急車が止まり、明示(杉浦直樹)が乗り込む・・・



やはり予想通りかなり安定した展開になってきました。
現段階でのストーリーは一つめに豪と沢尻エリカ演じるほのかとの恋とボクシング。
2つめに淳一との思いが友情に変わったみちると田中幸太朗扮する政希の関係。
3つめに幌が思いを寄せる未来の心境の変化と七色の戦士の行方。
そして、本筋である真柴家と園子の関係でしょう。
また、今回の聖子の父、篤が離婚した千秋への愛の告白後、どうなるかというのも見所です。

第10話では園子が悪役になり、竹中直人扮する徹生や唄が園子のことを吹っ切りますが、豪が頼んで連れてきたという点にかなり疑問に感じました。

自他共に頭が悪いと認めながら、そこまでの知恵が回るのか?という思いがあり、そのことに触れずにいても、園子がその申し入れを受けるには、何だかの理由が無い限り受けるワケがありません。
後付けで、その理由が明らかになりましたが、豪自体、そのような画策が出来るなら、受けた時点でワケありだと気付くはずです。
また、「悪役を演じてくれ」という図々しく身勝手な考えを起こすことも、今までの豪の人格からして理解に苦しみます。

一人寂しくアパートに入っていく園子を見て泣く豪を見て、そのことが気になり歯がゆくなりました。

家族ドラマである以上、この辺りの細かな人格の組み合わせをきっちりと詰めないとそこで視聴者を一気に冷めさせますので、気をつけてもらいたいものです。

次回、最終回ですが、それぞれの恋の行方と真柴家と園子の関係に注目です。
どのような結末で、何を訴えるのか楽しみです(^_^)





『ドラマ 日曜劇場「あいくるしい」最終話』ページへ

『ドラマ 日曜劇場「あいくるしい」第9話』ページへ
posted by Ky'z at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(2) | TBS系ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4472376

あいくるしい 第10話
Excerpt: 豪(市原隼人)はボールでトレーニングをする 真柴家は、静かな食卓だった。
Weblog: どらまにあ
Tracked: 2005-07-05 03:42

あいくるしい 第10話 『愛してるのサイン』
Excerpt: 沈んだ食卓を、なんとか明るくしようとする豪(市原 隼人)。 理由の知らない幌(神木隆之介)は、いつもと違う雰囲気の家族を 不思議そうに見渡す。 「もう一度、それぞれ、よく考えて、家族会議をしよう。  ..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-07-05 12:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。