2005年06月10日

映画 ラストプレゼント

●監督・脚本 … オ・ギファン
●製作 … キム・ミヒ キム・サンジン
●脚本 … パク・ジュンウ
●音楽 … チョ・ソンウ
●出演 … イ・ヨンエ イ・ジョンジェ クォン・ヘヒョ イ・ムヒョン コン・ヒョンジン キム・スロ
●製作国 … 韓国
●配給 … パンドラ 2001

ヨンギは売れないコメディアン。妻のヨンジョンは夫が売れるようになることを心から望み、子供服のショップを経営しながら夫を支えていた。
とはいうものの、ヨンギはTVの仕事といえば前説ばかりで、ついに嫌がっていたクラブへの出演をする。それは妻の衝撃の事実を知ったためだった。そんな姿を見たヨンジュンは夫を激しく叱責する。2人は口論が絶えず、いつしか寝室も別々に。
TV番組「お笑い王」の勝ち抜き戦に出場し、勝ち進むヨンギ&チョルス(コンビ名)。
ヨンジュンとヨンギはそれぞれの思いを抱きながらその時に向かう・・・



韓国の女優ではmyベスト映画の中で話した「猟奇的な彼女」の全智賢(チョン・ジヒョン)と国民的女優と言われた李英愛(イ・ヨンエ)のファンなのですが、今回取り上げるのはイ・ヨンエ主演の「ラストプレゼント」です。

2001年の公開時に「韓国映画史上最高の涙と感動のラブ・ストーリー」と評され、映画ファン・アンケートでは「カップルで見たい映画No.1」に選出されたています。

この映画、賛否両論があって、とても泣ける映画という意見とベタすぎて冷めるという意見に二分されています。

私の結論としては今まで観た韓国映画の中で「猟奇的な彼女」と並ぶ素晴らしい作品だと感じました。

序盤、夫に献身的なヨンジュンとお人好しなヨンギの行動、さらに詐欺師のハクスとハッチョルの存在とありえないと思わせる内容でした。
これが悪い印象を与え、批判的に見る人を増やした一因となっているのではないでしょうか?

そんな中で、どうしてこの映画を絶賛したのか?
それはエンディングまで見ると、序盤の内容を納得させるものがあったからです。

この映画は「猟奇的な彼女」と同じように前半、コミカルテイストを折り込み、後半が核心部にせまる形になっています。

前半部だけ見れば、かなりの駄作にしか見えないのですが、後半、ヨンジュンとヨンギの心の動き、お互いへの愛情がとても細やかに描かれていて、前半部の疑問の悪い部分が消え去り、ストーリー展開や感情の起伏を作るために全てが必要ではないかという思いを抱きました。

そして、イ・ヨンエ、イ・ジョンジェの演技がさらにクオリティーを高めています。
それぞれを思いやり続ける夫婦の人物像を完璧なまでに作り出し、観ていて惚れ惚れします。
特にイ・ヨンエの演じている姿はとっても可愛くて、切なくて、涙無しには観ることが出来ません。

ストーリー自体それほど複雑ではないのですが、実際にいるのではないかと思わせるほど生きているキャラクターにベタという言葉は全く似合いません。
ホンモノにベタなんて言葉はありませんから。

また、詐欺師のハクスとハッチョルがストーリーを繋げる上で重要なポジションを占めています。

関係ない話ですが、ハスク役のクォン・ヘヒョはドラマ「恋におちたら」に出演している警備員役、金田明夫によく似ています。もっとゴツく若くした感じですが。

もっと関係ない話ですが、ハッチョルを演じていたイ・ムヒョンはこの映画を出たのをキッカケに無名から一気に人気者になったそうです。

これまで、いい面を話してきましたが、一つ物足りないと感じる部分があります。
それはヨンジュンとヨンギの幼少時代の映像で、イメージと違い、チープな雰囲気が目についたことです。
ヨンジュンの小学校時代はホント、イ・ヨンエとかけ離れてて残念でした。

ハクスとハッチョルに導き出されるヨンジュンとヨンギのちょっと素敵なつながりを演出する重要なシーンですので、もっとコダワリを持って欲しかったです。

この映画「ラストプレゼント」で一番の見所はエンディングのシーンではないでしょうか。

今までで、これほど動きがあるのに動きがない静かなエンディングは記憶にありません。
静かな中にも、ヨンジュンとヨンギの激しい心の蠢きが聞こえてきて、胸を打ちます。

ヨンギに与えられたヨンジュンの最後の言葉が、本当に素晴らしい遺言で、テロップが流れる頃には、どうしようもない切なさと晴れた空のような澄んだ空気が混ざり合った複雑な思いでいっぱいになりました。

まさに最高の”ラストプレゼント”

この「ラストプレゼント」なんとテレビ朝日系列で6/11に堂本剛&菅野美穂でドラマ放映されるそうです。
正直、このドラマをリメイクしてうまくいくのか疑問ですが、脚本家、岡田恵和がどうアレンジするのか楽しみです。

私見的評価 91点

ラスト・プレゼント
ラスト・プレゼント
posted with amazlet at 05.07.06
キングレコード (2005/05/25)
売り上げランキング: 997

posted by Ky'z at 01:17 | Comment(5) | TrackBack(9) | 外国映画
この記事へのコメント
初めまして。TBありがとうございました。
ごめんなさい。
2回TBしてしまいました。
Posted by にこ at 2005年06月10日 17:42
ムジークさん、TBありがとうございました。
とても細かく映画の紹介をされていますね。本当に感動する作品でした。
ところで、私もTBが二つになっています。
お手数ですが、一つ削除お願いします。
どうぞ、よろしく^^
Posted by at 2005年06月10日 18:25
にこさん、龍さん、コメント&TBありがとうございます。

TBの件はお気になさらないで下さいね(^_^)
Posted by Ky'z at 2005年06月10日 21:11
TBありがとうございました。
リメイク版の堂本剛君を見ながらカキコしています、詐欺師コンビが絶品です、韓国版よりgoodかもです、ジョンジェには最低でも福山雅治クラスで演じて欲しかったです、ヨンエの菅野美穂はやはり不足してます、オーラーが出ていません、ヨンエの肩の落とし方や歩き方に彼への愛が溢れてて、初恋の人と結婚し 決して小学生時代の出会いを打ち明けなかった強さ?あくまでも彼の一目惚れにしたかった女心?これからもよろしくお願いします、ジョンジェのファンなので相手役の女優さんにどうしても厳しくなって・・これからもどうぞよろしく。
Posted by おつぎで〜す. at 2005年06月11日 22:15
コメントありがとうございます。
リメイク版は残念ながら観損ねてしまい、残念です(:_;)
こちらこそヨロシクお願いします(^_^)
Posted by Ky'z at 2005年06月18日 07:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ラスト・プレゼント
Excerpt: ここ最近...堂本剛と菅野美穂が、しきりにテレビでドラマ“ラスト・プレゼント”の番宣をしていますね。 まぁ、私はワケあって堂本剛くんには関心
Weblog: KAOMEAブログ版
Tracked: 2005-06-10 02:12

ラスト・プレゼント
Excerpt: 2001年 韓国映画 監  督 オ・ギファン 出  演 イ・ヨンエ、イ・ジョンジェ、クォン・ヘヒョ、イ・ムヒョン、コン・ヒョンジン 、キム・スロ、キム・サンジン ..
Weblog: お気に入りの映画
Tracked: 2005-06-10 17:41

ラスト・プレゼント
Excerpt:  夫婦愛の物語。二人とも愛情表現が下手で、でも相手を思いやる気持ちは、いじらしく、そして崇高です。途中からは涙なしでは見られません。特に女性にお勧め。泣きたいときにどうぞ(でもなぜか落ち込まないカタル..
Weblog: ある在日コリアンの位牌
Tracked: 2005-06-10 18:19

ラスト プレゼント
Excerpt: 2001年    韓国監  督     オ・ギファン出  演     イ・ジョン
Weblog: 毎日がキャバリア
Tracked: 2005-06-10 19:50

ラスト・プレゼント
Excerpt: 監督 オ・ギファン 主演 イ・ヨンエ イ・ジョンジェ 売れないコメディアンの夫を持つイ・ヨンエ演じる妻は不治の病で死ぬのを待つばかり。夫には病気のことは言わずに、いつも仕事仕事と叱咤..
Weblog: I LOVE CINEMA +
Tracked: 2005-06-10 20:36

ラスト・プレゼント
Excerpt: 前から話は聞いていた『ラスト・プレゼント』 会社のお局様の1人も、韓国映画で一番感動したと言ってた作品。 タイトル: ラスト・プレゼント 売れないお笑い芸人とその妻の..
Weblog: セキララ☆ザッカン
Tracked: 2005-06-11 20:17

『ラスト・プレゼント』
Excerpt: ああ、我ながら、いったんヒイキになると、思いっきし盲目です。 岡田惠和脚本というだけで「…見るっ!」 しかも、最近の岡田ワールドの常連でもある、堂本剛と菅野美穂が主役って興味もあいまってチェックしたん..
Weblog: のほほん日和
Tracked: 2005-06-24 10:47

すれ違いだけど美しい(ラストプレゼント)
Excerpt: 韓国映画を観始めた頃に観た「ラストプレゼント」 まだまだ現在のような韓流ブームはなく、 レンタル店でも片隅に置かれていたような気がします。 夫婦愛を題材にしたシンプルなラブストーリー..
Weblog: 映画と投資と小説と
Tracked: 2005-09-02 23:05

「ラスト・プレゼント」 手紙
Excerpt: ヨンギは才能はあるが、なかなか芽の出ないコメディアン。妻のジョンヨンは、そのなヨンギの才能を誰よりも信じ、細々ではあるが、子供服の店を経営しながら、夫を支えていた。2人は
Weblog: 映画のセリフで口説いてみない?(女性版)
Tracked: 2005-09-09 15:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。