2006年10月30日

ドラマ 14才の母 第3話「さよなら…私の赤ちゃん」

未希(志田未来)は、智志(三浦春馬)に妊娠したことを話すが、智志は突然の告白に答えが見つからないでいた。

一方、加奈子(田中美佐子)と忠彦(生瀬勝久)は智志の母・静香(室井滋)宅を訪れ、未希が妊娠した相手が智志ということを告げるが静香は全く相手にしない。が、実は、その話に内心動揺していた静香は、取材を受けた記事を差し止めることを週間トップ記者・波多野(北村一輝)に求める。
急な申し出を疑問に思った波多野は静香を密着する・・・



前回触れた通り、未希たちの心情を丁寧に描いていますが、展開がフラットな為、少々、間延びした感がありました。

このドラマの核心テーマは、子供が生まれてからだと思うのですが、生まれるまでの葛藤もじっくり描くようなので、6、7話までかかるのかも!?

次回、親友に裏切られる場面がありそうですが、安易でベタな設定なので、かなり疑問。

ガッカリするような流れになって欲しくないですが、その辺りも含めて、要注目ですね〜

「14才の母」o.s.t
「14才の母」o.s.t
posted with amazlet on 06.10.14
TVサントラ
バップ (2006/11/29)

『ドラマ 14才の母 第4,5話「旅立ち 私はもう泣かないよ」「バイバイ…初恋が死んだ日」』ページへ

『ドラマ 14才の母 第2話「お前なんかもう娘じゃない」』ページへ
posted by Ky'z at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日テレ系ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。