2005年03月03日

映画 あずみ

●プロデューサー … 山本又一朗
●監督 … 北村龍平
●原作 … 小山ゆう
●出演 … 上戸彩 オダギリジョー 岡本綾 小橋賢児 成宮寛貴 金子貴俊 石垣佑磨 小栗旬 北村一輝 竹中直人 原田芳雄
●配給 … 東宝 日本ヘラルド映画 2003

家康に重用されている南光坊天海から命を受けた爺によってあずみはじめ10人の若者たちは刺客として育てられる。
ある日あずみ達は徳川に反旗をひるがそうと企む浅野長政、加藤清正、真田昌幸3人の暗殺の任を打ち明けられるが、最後の試練として仲間同士殺し合いを命じられる・・・



総発行部数約800万部の超人気コミック・エンターテイメントの実写映画化。

出演陣を見ると単なるアイドル映画かと思わせるが、それを払拭されるほどしっかりと作りこまれています。

ストーリー自体、キャラクターなどに漫画の面影が残るものの残虐なシーン等が数多くありシリアスな路線を走っています。
息つかせる間も与えないほどの鋭い切り口で話が進んでいるところからもアクション映画として成功したといえるでしょう。
特に最後の200人斬りはそのことを如実に表しています。

上戸彩のあずみの揺れ動く心と幾多の殺陣を軽快にかつ体当りで演じている姿は高い評価が与えられるのではないでしょうか。

それにしても上戸彩ってそれ程派手さやインパクトを感じないのになぜかすごい人気ですよね〜
でも、何かあるんですよね、どこにでも居そうで居ないみたいな。
厭味をあまり感じるタイプではなく好感を持たれやすいのも、映画やCMで大活躍している一因でしょう。

この映画は基本、アイドル達が中心にいるので脇を固める俳優陣は原田芳雄や竹中直人とかなり渋めです。竹中扮する加藤清正の嘘くさいけど、アリだろうと思わすパワーと原田芳雄の爺の地味だけど、とても力強い演技はとても印象度大です。

その中にあってこの映画の最大の見所はオダギリジョーが演じる「最上美女丸」でしょう。

この映画を観るまでオダギリジョーってカッコばかり気にして、それほど魅力を感じませんでした。
しかし、この映画ではオカマキャラを見事にこなし、見た目や仕草は笑えるのに映画に完全に馴染んで絶対的存在感を放っていました。必見です。

この作品の続編が3/12からロードショーのようです。
まだ真田昌幸が残っていますからね〜

出演は前回から上戸彩、石垣佑磨、北村一輝らの他に「キルビル」の栗山千明が出ています。
脇を固めるのが高島礼子や平幹二朗といった前回同様きっちり締めにかかっています。

少しキャストの中で気になったのが前田愛という名前です。
確かあっぱれさんま大先生に出演していた子役出身で休業していた人だと思うのですが復帰したのですかね?
妹の方も私が見ていないだけかもしれませんが、「バトルロワイヤル」以来見ていないような?

私見的評価 81点

あずみ スタンダード・エディション
アミューズソフトエンタテインメント (2003/11/21)
売り上げランキング: 4,480

おすすめ度の平均: 3.23
4 結構面白い!
5 かなり時代劇にはまりました。
1 やめて欲しい。


ここでひとつトリビアを・・・歴史に強い方はわかると思いますが、登場する武将などは実在の人物が数多く出ています。
でも、この作品はもちろんフィクションなので武将自体の史実は全く無視されています。

面白いことにターゲットになった3人は1611年に亡くなっています。
作者はこの点に目をつけてこの設定になったのかもしれませんね(^_^)
posted by Ky'z at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(5) | 日本映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2240071

試写会deナマ上戸
Excerpt: 大体において続編は面白くない、というのが相場ですが、ところがどっこい。あずみ2はとてもよかったです。栗山千明が出る、というのもとても楽しみにしていました。何役なんでしょうか?敵か見方か?オダギリジョー..
Weblog: 偏魂-カタヨリダマシイ-
Tracked: 2005-03-06 05:07

あずみ 観つつ
Excerpt: 話題になっていたのでTVで観た「あずみ」 主演の上戸彩、演技も殺陣もみてられません 回りの役者が良いので助かってますね 北村一輝、竹中直人、原田芳雄、 オダギリジョー、金子貴俊、岡本綾がg..
Weblog: Dazzling M
Tracked: 2005-03-09 17:24

「あずみ2」
Excerpt: 「人がいる限り戦いはなくならない」 「あずみ2」=前作よりもヒューマン的要素が加わり、1とはまた違う世界観を堪能しました。と、同時にアニメ原作を映画化することの難しさも痛感。 「『主人公の魅力』これ..
Weblog: 青木英美のニライカナイ
Tracked: 2005-03-15 12:16

■あずみってかぁ〜!違うデスよ
Excerpt: これは、どうしたものか・・・ 某所で見つけたのが、ツボにハマッテさァ〜大変。 笑い出したら止まらない。 これは、やはりご存知の方がいて、 当方は一等遅れているのかもしれないが、 それ..
Weblog: ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
Tracked: 2005-03-16 21:35

あずみ
Excerpt: 原作と同様に、全編を通して、次々に人を切り殺していくという過激なバイオレンス描写が多いですので、そういった演出が苦手な方は合わないと思います。 旅を続けるうちに仲間を失い、ただ敵を殺すだけの自らの宿命..
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2006-02-14 00:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。