2005年02月24日

ゲロッパ !

●エグゼクティヴプロデューサー … 李凰宇
●プロデューサー … 石原仁美
●監督・脚本 … 井筒和幸
●脚本 … 羽原大介
●音楽 … 高宮永徹
●出演 … 西田敏行 常盤貴子 山本太郎 岸部一徳 長塚圭史 太田琴音 ラサール石井 塩見三省 根岸季衣 寺島しのぶ 奥貫薫 トータス松本 岡村隆史 益岡徹 藤山直美
●配給 … シネカノン 電通 ハピネット・ピクチャーズ グッドニュー メモリーテック アーティストフィルム 衛星劇場 2003

やくざの組長の羽原は刑務所に収監される為、大好きなジェームスブラウンのコンサートに行けなくなってしまった。組の解散を決意し、気落ちしている姿を見た弟分の金山は子分に「ジェームズ・ブラウンをさらって来い」と命令を下し、25年間会っていない娘のかおりと結びついていきます・・・


最近はテレビでも活躍の井筒和幸監督作品。
皆さんの中には顔は知っているけど、作品は観たことがないという方もいるのではないでしょうか?

タイトルの由来はJBの代表作「セックス・マシーン」の一節「get up」がゲロッパに聴こえるからだそうです。

井筒監督といえば豪快に下町テイスト漂う作風だと思いますが、この作品も独特の雰囲気は健在です。

筋がごちゃごちゃしてバラバラで何なのコレ?と思っちゃいますが、徐々に繋がってきて、最終的には一つにまとまっていきます。強引にやっている感は強いですが、人間味に溢れているのであまり嫌味に感じないのが監督らしいところでしょう。

とにかくテンポを大事にして人間のぶつかり合いを作ってる、そんな感じではないでしょうか。

キャストですが、やっぱり西田敏行はうまいですね〜存在感が別格です!
ヒロインの常盤貴子もきれいで存在感あります、スクリーンだと映えそうです。
その他の俳優陣も実力派が並び、作品を引き締めています。

しかし!一番の驚きはチョイ役に寺島しのぶやトータス松本、岡村隆史等豪華キャストが出演しちゃってるところでしょう。どの辺りでどんな形で出てくるか楽しみに観て下さい!(^^)!

正直言って物語として得ることはないかも知れませんが、井筒作品特有の生ている人間を感じさせてくれます。

私見的評価 73点

ゲロッパ ! GET UP スペシャル・エディション
ハピネット・ピクチャーズ (2004/04/09)
売り上げランキング: 22,273

おすすめ度の平均: 3.96
4 あの場面のテンションをもっとあげて欲しかった!
5 やっぱり井筒監督は天才だ!
5 2003年、一番泣いた映画です(おじさん向け?)
posted by Ky'z at 00:36 | Comment(2) | TrackBack(3) | 日本映画
この記事へのコメント
Moo-TblogのKOuです。

物語というより、その場のグルーブ感を楽しむ映画としては、なかなかの出来だったと思います。そういう意味では、「ジャズ大名」みたいな。

この映画はDVD特典の解説が本編ほど面白いので必見です。
Posted by KOu at 2005年02月24日 15:07
コメントありがとうございます(^_^)
KOuさんの言うとおり楽しむ映画ですね〜

それにしてもDVD特典の話は知りませんでした。貴重な情報ありがとうございます。
ぜひ観てみたいと思います!
Posted by Ky'z at 2005年02月24日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2112374

ゲロッパ!
Excerpt: 主演西田敏行、常盤貴子、山本太郎、岸部一徳 監督井筒和幸 脚本羽原大介、井筒和幸 製作2003年、日本 みんなでソウルトレイン ファンクの神様ジェイムス・ブラウンの熱狂的ファンのやくざの..
Weblog: a story
Tracked: 2005-02-28 21:18

ゲロッパ!
Excerpt: 「ゲロッパ!」   日本/シネカノン/2003   監督: 井筒和幸   出演: 西田敏行。常盤貴子。山本太郎。岸部一徳 ほか  大阪の人情喜劇ということなので、吉本新喜劇っぽいのり。..
Weblog: 月影の舞
Tracked: 2005-06-02 16:55

ゲロッパ!
Excerpt: 出演: 西田敏行, 常盤貴子, その他 監督: 井筒和幸 釣り馬鹿日誌もそう...
Weblog: meiousei(BLOG)
Tracked: 2005-12-20 00:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。