2006年07月09日

ドラマ 日曜劇場「誰よりもママを愛す」

●脚本 ・・・ 遊川和彦
●プロデュース ・・・ 八木康夫
●演出 ・・・ 清弘誠 竹園元 高橋正尚
●主題歌 … 「惑星タイマー」福耳
●キャスト ・・・ 田村正和 内田有紀 玉山鉄二 長島弘宜 阿部サダヲ 劇団ひとり 桜田聖子 川島海荷 藤井玲奈 伊藤蘭 小林聡美
●製作 ・・・ TBS TBSテレビ 2006

嘉門家は男っぽくて調子の良い長女・雪(内田有紀)、冷静で優しいけど優柔不断なところがある長男・明(玉山鉄二)、2人とは年が離れた次男・薫(長島弘宜)、人権派弁護士で頑固親父のようなママ・千代(伊藤蘭)、そして、そのママをこよなく愛し、専業主夫をしているパパ・一豊(田村正和)の5人家族。

千代と会う前の一豊は出世欲に溢れた銀行員だったが、ママと出会い、考えが一遍、25年前に会社を辞めてからずっと家庭にいる。

こんな父親と母親の役割が正反対の家に起こる出来事です・・・



「アットホームダット」のように専業主夫の話はありましたが、今までありそうで無かった父親と母親の役割が全く逆の今作。

これって、結婚している男女が冷静にそれぞれの立場で見ることが出来ると思いませんか?

男女の固定観念の呪縛から解き放たれて、働いている方から専業主婦の立場、専業主夫の立場から働いている方の立場、そして、共働きの人にも専業主婦というものを感じさせるナイスアイデアだと思いました〜

キャストに目を向けると、なかなか豪華で非常に期待を抱かされてくれます。
特に田村正和は今までのイメージとは全く正反対の役柄であるので「どうなるんだろう」と思いましたが、流石に溶け込んでいました。

また、離婚以来、初めてドラマで見た内田有紀ですが、男にストーカーのようにまとわりつく姿を好演していて、何か親近感を覚えました(笑)
久々の演技はうまいとは言えないかも知れませんが、存在感は抜群でした!

玉山鉄二もいいですね〜
正直、短髪にしすぎて、最初は玉山鉄二って分からなかったですが、優柔不断で告白されると自分の気持ちを反して付き合ってしまうキャラクターをモノにしていました。
個人的に、若手俳優の中で非常に期待しているので、今後の演技が楽しみです(^^)

そして、このドラマの肝となりそうなのが隣人の津波こずえ(小林聡美)。いつも黒い服を着ていて、昼間から酒を飲んでいるような素行の悪いこのキャラクターが今後、どのように絡んでいくのかがキーポイントになりそうです。

このドラマの感想は最終話終了後に、改めて述べたいと思います。

P.S.
福耳の「惑星タイマー」イイですね〜
個人的に、好きなアーティストが多数参加しているので、CDの発売日が楽しみです(^^)

惑星タイマー (通常盤)
福耳 スキマスイッチ 山崎将義 杏子
BMG JAPAN (2006/07/12)

『ドラマ 日曜劇場「誰よりもママを愛す」 最終レビュー』ページへ
posted by Ky'z at 21:43 | Comment(2) | TrackBack(2) | TBS系ドラマ
この記事へのコメント
久しぶりに来ました☆更新楽しみにしてますねっ!
Posted by mokoko at 2006年07月10日 13:45
お久しぶり☆元気そうでよかったぁ♪
Posted by 佳織 at 2006年07月10日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20525395

阿部サダヲ
Excerpt: 1970年4月23日生まれ。本名は阿部隆史。千葉県松戸市出身。松戸市立松戸高等学校卒業。松尾スズキの主宰する劇団である大人計画に所属し、舞台を中心に多方面で活躍。その演技力には定評がある。同じ大人計..
Weblog: 芸能人・マスメディア名鑑
Tracked: 2006-07-12 11:09

誰よりもママを愛す 第5話
Excerpt: 『あばかれた秘密』 おねえちゃん(内田有紀)に続き、おにいちゃん(玉山鉄二)も 出て行ってしまった嘉門家・・・。 薫(長島弘宜)は本屋で知と一緒になる。 マンガを買っているところをバカにされムっと..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2006-08-13 10:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。