2005年02月19日

ドラマ H2〜君といた日々

●プロデュース … 市山竜次
●演出 … 堤幸彦 今井夏木 ほか
●存作 … あだち充「H2」
●脚本 … 関えり香 山崎淳也
●主題歌 … 「over...」 K
●出演 … 山田孝之 石存さとみ 田中幸太朗 市川由衣 的場浩司 田丸麻紀 柳沢慎吾 石野真子 七瀬なつみ 杉本哲太 竜雷太
●製作 … オフィスクレッシェンド TBSエンタテインメント 2005

あだち充の人気マンガのドラマ化。
以前はテレビ朝日揃列でアニメも放映されました。

国見比呂、橘英・、古賀春華、雨宮ひかりの4人が繰り広げる青春野球ストーリー。
親友でありライバルの2人のヒーロー(英・)とその・女、比呂と幼馴染で現在は複雑な気持ちのひかりなど、4人の「H」のそれぞれの思い入れが存錯して2人の「H」の関係がこのタイトルに結びついていると思います(確認していないのであしからず)

私はあだち充の漫画が好きで「H2」も全巻持っていますし、アニメも観ました。
マンガを実写にする時の性ですが、もし存作通りの雰囲気を求めるならあまりお奨めは出来ないです。
ただ、私は懐かしみながら楽しく観させてもらっています。

存作には似ていませんが、山田孝之と石存さとみの演技には好感が持てます。
山田さんのピッチングフォームはリリースポイントまでかなり力感があって稽古したんだなあと思いました(流石にリリースポイントあたりは本当の野球の実力が出てしまうので厳しいですが・・・)

橘英・役の田中幸太朗は校長役の竜雷太と共に存作に似ているように思います。
最初観た時にセカチューに出ていた人とは気付かずにいたぐらいですから(^_^)
それにしても来クールの「あいくるしい」の出演も決まっててTBSの秘蔵っ子なんですね〜

話は変わりますが、このドラマには2つほどものすごく違和感があります。

1つは栄京高の広田が左投げ左打ちでなく、右だったからことです。
「何でそんなことどうでもいいじゃない」と言う人もいると思いますが、野球やキャラクターのバランス上、存作者は広田を左にしたのだと思います。左利きの役者を見付けるのが難しかったのかもしれませんが、そこまでこだわって欲しかったです。

2つ目に冬の季節にこのドラマが合ってないということです。
甲子園と野球ってやっぱり夏のイメージではないですか?
視聴者の気持ちもこのギャップに追いていってない為、視聴率が伸びていないことからでもわかります。
シーンについてもやっぱり夏のものは夏に撮影しないと夏らしい暑さは表現出来ません。

もう少しで毎日新聞主催の選抜高校野球が始まる為に盛り上げようという思いがあってこの時期にぶつけたのかもしれませんが、あまりに安易でとても残念です。

昔のマンガ・アニメの実写版と違い、現在はCGを使えるようになりとてもリアルになり安っぽい感じは軽減されました。
最近のヒット作「エースをねらえ」の・番煎じを狙ったのかもしれませんが、もっと大げさにならず演技とCGのコンビネーション図って欲しかったです。「エースをねらえ」はそれが出来ていてすごく馴染めましたから。

作品の内容と違うところで少しの配慮があればもっと良いものになっていたと思います。
でも、作品は大好きですし、とても4人の人間模様や脇役のコミカルさは思わずほのぼのとします(^_^)

評価につきましてはドラマ終了後にやってみたいと思います。

H2 ~君といた日々 DVD-BOX
メディアファクトリー (2005/06/10)
売り上げランキング: 2,966

おすすめ度の平均: 3.69
5 今年はあだち充旋風
5 今年は「あだち充」の当たり年?
4 元気になれる


『K 「over・・・」』ページへ

ちょっとブレイクタイム →→→やっぱり出てきました!

パンチあだち充風のあやしーい漫画家!!!


P.S.

漫画を少し読み返してみたのですが、結構そのままだったりします。
展開の速さに被害を受けているのは野球のシーンでかなり端折られています。

伊羽商の月形は漫画では右のアンダースローですが、なぜか左。
栄京の広田といい、野球に対してのこだわりがなさすぎるのが悲しい・・・

変えるべきところとそのままで通すべきところを間違った感があります。
脚本家とプロデューサーの問題なのかなあ?

それにしても宿舎の前で自転車を漕いだりしてるキャラは一体ナンなんだ?

P.S.

最終話まで観てみて気になったのはだんだん野球のシーンが雑になっていき、CGの作りこみが酷くなったことです。

視聴率が取れなくて力が入らないのはわかりますが、多くの人が観ていることを忘れるのは絶対にあってはならないことです。
企画段階で不純な考えで、作品の環境を無視したのが失敗の全てだと思います。
大好きな作品なので残念でたまりません。

作品の内容については存作通り雨宮ひかりが実質2番手の位置にいる感じになっています。
存作の表紙は4人が存代していて、比呂→英・→春華→ひかりの順になっています。
これが本来の設定順ですが、ひかり役の市川由衣は非常においしいポジションでしたね〜

話が進むにつれて古賀春華のキャラが存作と変わっていったので、魅力も半減といったところでしょうか。

それにしても、英・は横浜ベイスターズに入団してましたが、比呂はどこに入団したんですかね?

英・の入団発表が先で(しかも1人で)比呂の発表は学校という矛盾はプロ野球の流れを知っている人から見れば不可解だったと思います。

学校での会見はドラフト会議後に見られるものですので、入団発表と同時っておかしいですよね(^_^;)

横浜はTBSがオーナーだから出せたんでしょうが、もう一球団は許可がいるからあのようになったのでしょう(もし、視聴率が良かったら許可を貰っていたかも)

このドラマを観て、また存作を読み返そうと思います。
ぜひご覧になられていない方は存作を読んでみてはいかがでしょうか?

私見的評価 72点
posted by Ky'z at 14:43 | Comment(11) | TrackBack(8) | TBS系ドラマ
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
撮影時期もそうですが,見る方もこの季節に甲子園を目指すドラマはきついですね…。
Posted by d_d- at 2005年02月19日 15:31
こちらこそTBありがとうございました。
確かに時期的には残念ですね〜

来クールぐらいなら盛り上がっていたかもしれないですね(^_^)
Posted by Ky'z at 2005年02月19日 15:43
はじめまして!
TBありがとうございました。

寒そうですよね〜(笑)
いつも思いますが
夏に冬のロケをやり、冬に夏のロケをやり・・・

芸能人は大変ですね。
Posted by おれんじ at 2005年02月19日 15:48
こちらこそTBありがとうございました。

本当に大変ですよね〜

ただいい作品を作るにはしっかり季節は合わせて作るべきですし、実際に無視するとうまくいかないですからね(^_^)
Posted by Ky'z at 2005年02月19日 17:56
TBありがとうございました。
まだブログ初めてそんなになってなくて、TB初めてだったので嬉しかったです。
でもやり方わかんなくてちょっと焦りました。(笑)

H2、毎週とても楽しみに見ています。
コミックスも持ってるんですけど、なんと最終巻だけ買ってなかったみたいで・・・。探してるんですけど見つかりません。
今毎月発売されているワイド版の最終巻が出るまで待たないとダメかも。

短いクールのドラマでどこまで原作のストーリーを展開できるのか今後が楽しみです。
Posted by ちょびん at 2005年02月19日 18:29
こちらこそTBありがとうございました。

私も初心者なので分からないことばかりです(^_^;)

今ワイド版が出ているんですね〜
私自身はリアルタイムに発売日にコミックを買っていたのですべて揃っていますが、もう発売されていないんですかね?

確かに34巻もあったものを1クールに収めるのはかなり無茶なような・・・かなり展開が速いですもんね〜

漫画では結果はわからずに終わりましたが、ドラマではどんな終わり方をするんでしょうか?楽しみです!
Posted by Ky'z at 2005年02月20日 00:15
TBどうも〜
オイラは原作知らないんでワクワクしながら見てますよー。
山田くんもさとちゃんも頑張ってるなあーと。
ただ確かに寒そうには見えますね(笑
DVDになったらじっくり見直したい作品です。
Posted by kuma6663 at 2005年02月27日 12:52
コメントありがとうございます(^_^)
アクセス数、検索などデータを見ていると皆さんのH2への関心は非常に高いみたいですね〜嬉しいです!

もし機会がありましたらぜひ原作の方もご覧になられたらいいと思います。
その時はぜひ感想をお聞かせ下さい〜
Posted by Ky'z at 2005年02月28日 23:38
はじめまして。TBありがとうございます。
視聴率的には、裏の「優しい時間」に取られて
しまってる感じはしますが、個人的には、こういう話しは、好きなので、毎週楽しみに見てます。ちなみに原作は読んでません(苦笑)
きっと春や、夏クールに放映してたら、また違ってましたよね。。
Posted by まりこ@どらまにあ at 2005年03月12日 08:19
コメントありがとうございます。
青春物っていいですね〜
原作を読んで頂いてもきっと楽しめると思いますよ(^_^)
Posted by Ky'z at 2005年03月14日 01:16
はじめまして。野球はホントにスキでまぢ感動しました
スペシャルして下さいょヲ楽しみにしてますx
Posted by H2大好きちゃん at 2007年04月01日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2024580

H2×2
Excerpt: ■H2×2 TBS系でドラマ化放送されているあだち充原作『H2』, 毎日放送では,土曜の夕方,5時半から アニメ版の再放送をやってます。 (初回放送はABC制作だったので番組欄では[再]はつきません)..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2005-02-19 15:30

<font color="#FF00FF">H2 2/10 追記</FONT>
Excerpt: 試合は どうなるんだろう?? 山田君は怪我するし?? 悪ピッチャーの腕は 壊れてそ
Weblog: おれんじ@TV大好きだいありぃ??
Tracked: 2005-02-19 15:39

H2
Excerpt: 今日はドラマ「H2」の日。 コミックスのイメージを壊さずにドラマになってて、なか
Weblog: いたちのダンス♪
Tracked: 2005-02-19 18:24

H2〜君といた日々 第6回
Excerpt: トラックバック有難うございました。
Weblog: きゅうさま!!
Tracked: 2005-02-19 22:51

H2〜君といた日々〜
Excerpt: こんばんは、シナリオナビゲーターGOです。 ○○を見ると、泣きそうになります。 ○このブログ・今は何位?       ↓ こちらで確認出来ます(人気blogランキング) ..
Weblog: 文才がなくても描けるドラマ脚本術
Tracked: 2005-03-10 23:38

「H2」第9回
Excerpt: ひかりの母、さくらは、亡くなった。 ひかりは、葬儀でも気丈に振舞う。 比呂は、さくらの棺に ウイニングボールを納めた。 いろんなBlogがいっぱいです☆
Weblog: どらまにあ
Tracked: 2005-03-12 08:15

H2〜君といた日々〜
Excerpt: こんばんは、シナリオナビゲーターGOです。 ○○を見ると、泣きそうになります。 ○このブログ・今は何位?       ↓ こちらで確認出来ます(人気blogランキング) ..
Weblog: 文才がなくても描けるドラマ脚本術
Tracked: 2005-03-30 11:52


Excerpt: H2 (漫画)『H2』(エイチツー)は、あだち充の少年漫画作品。高校野球をテーマとした長編野球漫画。1992年から1999年まで「週刊少年サンデー」で連載されていた。映像では、1995年にテレビアニメ..
Weblog: あのドラマに夢中!
Tracked: 2007-07-30 15:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。