2005年02月15日

頭文字(イニシャル)D VOLUME-1〜7

頭文字(イニシャル)D VOLUME-1

●監督 … 三沢伸
●原作 … しげの秀一「頭文字(イニシャル)D」
●脚本 … 岸間信明 戸田博史
●声の出演 … 三木眞一郎 岩田光央 子安武人 関智一 川澄綾子 桧山修之 矢尾一樹 高木渉
●販売元 … エイベックス・ディストリビューション 2000

このアニメはテレビで放映されていたそうですが、私はビデオになって初めて観ました。

はっきり言ってこの作品を見て何かを得ると言うことはほとんどないと思います。
ただ、このアニメを観た時むっちゃすっきりしました。
K'yz的に一番最近はまったアニメです。

車好きにはたまらない主人公藤原拓海の走りは、ありえないけど無茶苦茶憧れます。
豆腐屋の息子で親が伝説の走り屋、13歳から配達に86で行っていたなんてありえませんもんね〜

車関係の監修をレーサーの土屋圭市さんが行っています。
3Dアニメーションでリアルに車が描かれていますが、やはり不自然なぐらい超越的な動きをします。この段階では監修はあまり役にはたっていないのかもしれませんが、現在の最新作では作品を積み重ねるに連れリアルになってきています。
それが逆に面白さを消している部分もあるのですが・・・

とにかく車好きが昔憧れたマシンが目白押しです。列挙いたしますと、

★FD−3S (MAZDA RX-7) 高橋啓介
★R32   (NISSAN SKYLINE GTR) 中里毅
★EG−6  (HONDA CIVIC V-TEC) 庄司慎吾
★シルエイティ(NISSAN シルエイティ180SX)沙雪&佐藤真子
★FC−3S (MAZDA RX-7)       高橋涼介

が主だった登場車種&乗り手です。
1つ不満はR32GTRはKy'zの憧れですが、中里毅は登場中3戦全敗であまりにも情けないです(:_;)

実にアニメにはありがちで型にハマったところもありますが、観たことがない方は拓海地元の峠、秋名山での拓海のバトルは熱くなります!

私見的評価 84点

頭文字 [イニシャル] D SUPER COMPLETE BOX
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2005/09/14)
売り上げランキング: 7,605
posted by Ky'z at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


F1ヘレステスト5日目 トヨタとBAR
Excerpt:  土曜日、前日までの合同テストが終了したヘレスサーキットにおいて、トヨタとBARホンダだけが居残りでウェットタイヤのテストを行なった。 トヨタから参加したリカルド ゾンタが、BARのジェンソン バトン..
Weblog: GENKINORINORI
Tracked: 2005-02-16 00:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。