2005年01月23日

映画 CASSHERN

●監督・撮影・編集 … 紀里谷和明
●ゼネラルプロデューサー … 宮島秀司
●原作 …「新造人間キャシャーン」 竜の子プロダクション
●脚本 … 紀里谷和明 菅正太郎 佐藤大
●主題歌 … 「誰かの願いが叶うころ」 宇多田ヒカル
●出演 … 伊勢谷友介 麻生久美子 寺尾聰 樋口可南子 大滝秀治 三橋達也 唐沢寿明
●制作 … 松竹 2004

昔のアニメを作り変えただけだから大したことないよって思っていた人は結構多いと思います。
評価も辛口なものが目立ちます。
結論から言うとこの映画は大変意義あるものだと思います。

大概の人はあのCGを駆使した紀里谷監督の映像世界に魅了されると思います。
確かに大変リアリティーがあり、かつ幻想的な雰囲気は宇多田ヒカルの「traveling」等のプロモーションビデオでもご存知の紀里谷ワールドが描かれてました。その中でも伊勢谷友介と麻生久美子のシーンは二人の魅力と融合して強く惹きつけられます。

しかし、それ以上にこの映画はストーリーが光っていました。

よくあるヒーローものは勧善懲悪が基本路線になっていますが、この話は正義と悪でなく、それぞれに思いがあり、考えがあり、痛みを持つという本来私達が忘れがちなことを表現した作品です。

原作を見たことがないので判断出来なかったのですが、根強いファンがいるのが理解出来ました。

あえて筋には触れません。
わかりにくい部分も多いと思いますが、
ぜひこの映画を皆さんに見てほしいと思っています。

私見的評価 88点

CASSHERN
CASSHERN
posted with amazlet at 05.07.07
松竹 (2004/10/23)
売り上げランキング: 3,532
posted by Ky'z at 14:40 | Comment(2) | TrackBack(6) | 日本映画
この記事へのコメント
こんちは、TBありがとうございます。
世界観は自分もいいと思います。
ただその世界観を一つの作品として魅せるまでにこの映画は到達できていないというか、観客に訴える手段方法が稚拙だった印象がありますね。
キリヤ氏の次回作に期待と言うことでw。
此方からもTBさせて頂きます、またヨロシク。
Posted by lin at 2005年03月05日 12:20
TBありがとうございます。
linさんの言われていることは結構当たっている部分も多いと思います。
まあ、もともと映像作家ですし、ストーリー展開についてはプロとは言えないので仕方ないのかもしれませんが。

こちらこそ今後ともヨロシクです〜
Posted by Ky'z at 2005年03月10日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「CASSHERN」
Excerpt: CASSHERN 「CASSHERN」 ★★☆ 監督:紀里谷和明 キャスト:伊勢谷友介、麻生久美子、唐沢寿明、寺尾聰
Weblog: NUMB
Tracked: 2005-03-05 12:11

CASSHERN
Excerpt:  公式サイト ≫  ジャンル:邦画 アクション  監督・撮影監督・編集・脚本/
Weblog: prototypeシネマレビュー
Tracked: 2005-03-05 23:06

CASSHERN
Excerpt: これって、やっぱり中学生が授業中にこっそりノートに書いた物語だよな。その点では、リュック・ベンソンと変わりはないし、それを責めちゃかわいそうだ。ただ、やっぱりキャシャーンなら一回ぐらいヘルメットをかぶ..
Weblog: 大阪テンポラリーHomebodyの徒然の記
Tracked: 2005-03-09 06:39

-映画のご紹介(42) キャシャーン がやらねば誰がやる 俺がやるぞ!
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(42) キャシャーン キャシャーンをDVDで観た。 まずはYah..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2005-09-25 09:12

宇多田ヒカル -CASSHERN-
Excerpt: 昔を期待してはいけないのだろう。 これは、アニメじゃないし、作り手の年代も違う。CASSHERN。 でも、新しい物としての期待。かまわないんじゃない。 かし、戦争を題材にした作品は多いけど、..
Weblog: ぐぅちゅえんの見たり読んだり
Tracked: 2006-01-08 12:41

CASSHERN
Excerpt: 大戦は50年も続き、世界は大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合という、ふたつの陣営に分かれていた。長い戦いの末に、大亜細亜連邦共和国は勝利し、東アジアのユーラシア大陸一帯
Weblog: 土曜の夜は・・・
Tracked: 2006-02-13 21:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。