2005年01月23日

死ぬまでにしたい10のこと

●監督・脚本 … イザベル・ヘコット
●出演 … サラ・ポーリー マーク・ラファロ スコット・スピードマン レオノール・ワトリング デボラ・ハリー
●製作国 … スペイン・カナダ
●配給 … 松竹 2002

あなたは今まで真剣に生きてきましたか?

この映画のことをそれまで知らなかったのですが、レンタルビデオ店でふとタイトルを見てとてもインパクトがあったので手が伸びました。

・凡、いやそれ以上に低い境遇の若い2児の母親の物語です。
タイトルからも想像出来るように突然余命2、3ヶ月と宣告されて10個のしたいことを書き出すことからストーリーは始まります。

映像的にも奇抜さがなく日常という雰囲気の中で時が流れています。

もしあなたが死に直面した場合、どうするでしょうか?

突然目覚めたような生き方をするのか、それともすべてに希望を無くし無気力になってしまうのでしょうか?
実際にその立場に立たされた時、今まで何にも思わなかった事に批判的になったり、当たり前と思っているものに感謝したり・・・

そういった普段思わないことについて考えることの出来る映画だと思います。

一つKy'z的に感じることは主人公の人柄のように自分がいなくなった最後を考えれる死に方が出来れば、きっと幸せな人生だったのではないでしょうか?

終盤に、「自分が死んで消えるとすべてが消える」ように主人公は言っていますが、生きていたことは周りの人から消えることはないわけです。

理想を言えば死ぬことを死ぬ前から目覚めた生き方が出来る人になることです。
この映画を見てそのきっかけになれば良いなって思ってます。

私見的評価 75点

死ぬまでにしたい10のこと
松竹 (2004/04/24)
売り上げランキング: 12,750

おすすめ度の平均: 3.78
3 死を前に夫意外の男性と付き合える???
5 私にも娘がいるので泣けました。
5 素晴らしい作品でした。
posted by Ky'z at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 外国映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


死ぬまでにしたい10のこと・life without me
Excerpt: 監督 イザベラ・コヘット(女性) 出演 サラ・ポーリー(アン)  スコット・スピードマン(ドン) 
Weblog: あいりのCinema cafe
Tracked: 2005-02-15 19:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。