2006年03月19日

ドラマ 喰いタン 最終レビュー

平均視聴率17.38%を記録し、なかなかの結果を残した喰いタンですが、内容を見ると、事件が起こり食べ物を証拠として解決していくという分かりやすい展開が基本でした。

その中で、食べ物の奥深さを伝え、食に対する大切さを説いていたところに好感が持てました。
飽食と言われる現在に、「食べ物を粗末にしない」という昔ながらの格言を始めて聞いたという子供たちも多かったのかもしれませんね〜


さすが漫画原作と言ったところですが、食と殺人事件のつながりは正直な所、違和感を覚えました。

特に終盤の8,9話の麻薬まで絡む内容には特に作風に合わないと感じられた方も多いと思います。

ただ総括とすると、子供にも取っ付きやすく食に触れた点で優れていた作品だったと思います。なかなか食についての見方は高度したしね〜

また、キャラクターについても、漫画だけあって非常に個性豊かでした。
個人的には、桃ちゃんと金田一少年が好きでした(^^)

その中でも、やっぱり桃ちゃんの「イガラシぃ〜!」という台詞は強いインパクトを放って、存在感抜群でした〜

あまりものを考えず、感覚で見る方におススメの作品だと思います。

私見的評価 77点

喰いタン remix:soundtrack
喰いタン remix:soundtrack
posted with amazlet on 06.03.19
小西康陽 TVサントラ 新井俊也
バップ (2006/03/01)

『ドラマ 喰いタン』ページへ
posted by Ky'z at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日テレ系ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15050677
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。