2006年03月15日

ドラマ 夜王 YAOH 第9話「悪魔のキス!No.1への鍵を握る女」

運命の日が3週間に迫り、遼介(松岡昌宏)と聖也(北村一輝)の差は確実に迫ってきた。そんなある日、貿易会社を経営しているという珠希(純名りさ)が来店し遼介を指名する。「あなたをナンバーワンにしてあげる」という珠希だが店を出た珠希を追っかけた聖也と何か話する姿を遼介は目撃する。
そんなロミオに大きな事業を展開する二階堂フジ子(杉本彩)が来店し、No.1とNo.2の遼介と聖也を呼びつける。翌日再びロミオに現れたフジ子は、「お酒を口移しで飲ませてくれた方を指名する」と言い出す…


聖也派がいよいよ追い詰められてきました。
そんな中に登場した二階堂フジ子の存在はストーリーの鍵を握りそうです。聖也にとって、おそらく破滅へのプロローグだと思いますが。

遼介に負けないために、手段を選ばない姿勢を二階堂フジ子と組むことで見せた聖也ですが、昔付き合っていた珠希の存在は特別だったようです。

結婚を考えたにも関わらず、親に反対され、それがキッカケにホストになっていた姿を見ると、将にロミオとジュリエットといった感じですね〜

珠希の抱えた借金5000万円を手切れ金といって突け離すあたり、まだ愛しているのがわかります。

手切れ金を渡し珠希への思いを断ち切る行為は、人間らしさも封印して勝負に勝ち抜く決意表明だったのかもしれません。

エンディングでは光(忍成修吾)に遼介がナイフで刺されてしまいました。

正直、このような安易な展開は好きではないですし、手法が古いので使うべきではなかったと思います。

そんな中で、次回、逆境の遼介たちがどのようにその困難に立ち向かうかは必見ですね!

夜王 ~yaoh~ TVシリーズBOX
ハピネット・ピクチャーズ (2006/07/28)

『ドラマ 夜王 YAOH 第10話「遼介VS聖也!歌舞伎町、全面戦争」』ページへ

『ドラマ 夜王 YAOH 第8話「ホストの掟!恋愛禁止…」』ページへ
posted by Ky'z at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | TBS系ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。