2006年02月02日

宇多田ヒカル 「Keep Tryin'」

●作詞・作曲 ・・・ 宇多田ヒカル
●発売日 ・・・ 2006.2/22
●発売元 ・・・ 東芝EMI

●説明 ・・・ 1983年1月19日ニューヨーク生まれ。
1998年12月、デビュー曲『Automatic/time will tell』で彗星のように現われ、ヒットを連発。1999年6月に発売された1stアルバム『First Love』は700万枚を超すセールスを記録し、前人未到の記録を打ち立てる。
その後も、常に日本ミュージックシーンに君臨し、2004年にUTADAの名前でアルバム『EXODUS』を引き下げ全米デビュー。
アメリカで培われた感覚と日本人としてのアイデンティティを併せ持ち、日本のR&Bの頂点に立つ存在。母親は歌手の藤圭子。夫は自身のプロモーションビデオを手掛けている映像作家の紀里谷和明氏


ふとテレビから流れている音楽に気が取られました。

不思議な空間が広がるようなメロディー。
まるで、異次元に足を踏み入れたような気分を作り出しているその曲は『LISMO! au LISTEN MOBILE SERVICE』イメージソング。


聴こえてきた時は『一体、誰が歌ってるんだろう?』と思いましたが、『これって宇多田ヒカルじゃないの』と気づいちゃいました〜

全米デビューアルバム『EXODUS』以降、徐々に精彩を欠き、「才能が枯渇したのではないか」とメディアでも取り上げられたりしていますが、「Keep Tryin'」を聴いてそんな噂話が吹っ飛びました!

1998年デビュー時に衝撃を与えられ「Automatic/time will tell」を購入して以来、常に宇多田ヒカルを注目してきましたが、確かにここ最近のパワーダウンに彼女の曲を聴く機会が減っていました。

その流れを「Keep Tryin'」が変えてくれそうです。
2月のMyヘビーローテーションと共に、おそらく多くの人に受け入れられると思います。


2005年の低迷を吹き飛ばして、2006年、宇多田ヒカルがまた昇って行きそうです(^^)

私見的評価 92点

Keep Tryin’
Keep Tryin’
posted with amazlet on 06.02.01
宇多田ヒカル
東芝EMI (2006/02/22)
posted by Ky'z at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽(邦楽)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


宇多田ヒカル/Keep Tryin’
Excerpt: 最近、精力的に楽曲をリリースをしている宇多田ヒカル 新曲「Keep Tryin’」の気になる仕上がりは、久々のアップテンポな楽曲! auの新サービス「LISMO」にて流れているあの曲です! 気に..
Weblog: MUSIC レビュー&ニュース
Tracked: 2006-02-02 13:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。