2006年01月09日

ドラマ ブラザー☆ビート 最終レビュー

当初、触れたとおりTBSらしいドラマの内容に心地良さを感じました。

今時ありえないほど、家族が思いをぶつけ合う実直な姿は厭味が全くないのでとても見やすかったです。

ドラマ『ブラザー☆ビート』はキャラクター、ストーリー重視で制作しており、これといってメッセージがあるわけではありません。

また、後半の2、3話はぐだぐだ感があり、盛り上がりに欠けた感がありましたが、一定数の視聴率があることからも、このようなヒューマンドラマをTBSは一定数作っていくべきだと思いました。

キャストに目を向けると、やはり玉山鉄二が光っていました。

ホント、カッコいいの一言ですが、唯一注文をつけるとしたら、スーツ姿以外の衣装だけでしょう(笑)

それにしても、主役は田中美佐子のはずなのに、完全に脇役のような存在になっていましたね〜

キャスト順を見なかったら、玉山鉄二、速水もこみち、国仲涼子、田中美佐子って感じに思えました。
やはり歳をとると、そういう役回りになってしまうということでしょうか、『セカンド・チャンス』が懐かしいですね〜

私見的評価 80点

ブラザー☆ビート DVD-BOX
ビクターエンタテインメント (2006/03/24)

『ドラマ ブラザー☆ビート』ページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11491942
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。