2005年12月30日

ドラマ 危険なアネキ 最終話「顔だけイイ女が大逆転」

寛子(伊東美咲)は、勇太郎(森山未來)が書置きを残して出て行ったことに動揺。そのことを知った武田(高嶋政伸)や愛(榮倉奈々)は寛子と勇太郎の仲を修復しようと働きかけるが、勇太郎は断る。一方、さおり(釈由美子)は病院とキャバクラも辞め、太一(小室優太)を連れて逃げるように新たな地に向かう。さおりのことが忘れられない拓未(平岡祐太)はそのことをしりある行動に出る・・・


ドラマ『危険なアネキ』が始まった当初、若いスタッフが様々な要素を欲張っていることを感じながらも、見事に融合させることを期待していましたが、結果は残念なものになりました。

前半、作者の意図がバランスが悪いながらも分かりましたが、中盤から後半にかけて結局何がしたかったのかさえ、見失ってしまいました。

最終話でも、無理矢理ハッピーエンドにして終わらしていましたが、はっきり言って興ざめです。

いろいろなことを欲張って取り入れようとした結果、融合できず空中分解したのが実状だと思いますが、もう少ししっかり考えて立案してもらいたかったのが正直なところです。

かなり辛口のレビューとなってしまいましたが、伊東美咲のパワーはやはりスゴいと認めざるを得ません。
あんな風な役を出来る女優って、あんまりいませんもんね〜

ただ、個人的には電車男のような女らしい姿がやっぱりイイです。
これからどんどん見せてくれたらなって思います(^^)


そう言えば、田村愛役の榮倉奈々は伊東美咲と同じ大手プロダクション「研音」の所属のようですが、プロフィールを見てびっくり!

身長が170cmもあるんですね〜
ドラマを観ている限り全く感じませんでした。
その他、所属女優の山口智子、江角マキコ、原沙知絵、天海祐希と170cm台が非常に多い!
伊東美咲も含めて、大型な人はこの事務所に集まってるのではないかと思うぐらいです。

また、芸能人には珍しく血液型A型が結構いるのにも驚きました。
代表的な人を上げてみると、前出の伊東美咲、榮倉奈々、山口智子らの他に片瀬那奈、高田万由子、唐沢寿明、平井堅など蒼々たる顔ぶれです。

やはり大手だけあって、所属芸能人を見ているだけで圧倒されます。

参考までに名前が挙がってない人を列挙すると、女優では財前直美、りょうなど、男優では反町隆史、竹野内豊。ミュージシャンではthe brilliant greenやSoweluなどが所属しています。

若手に目を向けても、市川由衣や黒川智花、成海璃子、速水もこみち、松田翔太と壮絶にです!

あまりの凄さに話が逸れてしまいましたが、皆さんも研音のHPをご覧になられてはいかがでしょうか?まだまだ有名な方がいっぱいいますよ〜

私見的評価 62点

危険なアネキ DVD-BOX
危険なアネキ DVD-BOX
posted with amazlet on 05.12.31
ポニーキャニオン (2006/04/05)

『危険なアネキ 第9話「人生最悪の姉弟ゲンカ!」』ページへ

『危険なアネキ 第1話「顔だけイイ女が大失恋」』ページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。