2005年12月18日

ドラマ 花より男子 最終話「最高のラストプレゼント」

TOJの会場に乗り込んだつくし(井上真央)や道明寺(松本潤)、類(小栗旬)、西門(松田翔太)、美作(阿部力)らF4の前に司の婚約者の栗巻あや乃(酒井彩名)が現れる。婚約者の存在に動揺するつくしはそのまま第一次審査へ。お題は一分間の特技披露と発表され、つくしは得意の格闘を生かし、痴漢撃退法で第一関門突破、第二次審査へ進むことに。だが、二次審査のファッションセンス対決を前に、一時審査に落ちたリリーズの陰謀で衣装を破られてしまったつくしは大ピンチに。また、その頃、母・楓(加賀まりこ)の前に連れてこられた道明寺は、ある大きな決断を迫られていた…


楽しませてもらった『花より男子』ですが、とうとう終了してしまいました。

TOJをどう乗り切るのか、手に汗握る展開に注目していましたが、つくしのキャラクターがとても表れていて、改めて感心してしまいました。

TOJの後の展開もとても期待を抱かされる内容に、流石に多くの人を虜にしただけの作品だなって感じです!

簡潔に『花より男子』の魅力を言うと緻密に計算されたストーリー展開と個々にメリハリのあるキャラクター設定だと思います。

ストーリーだけのラブストーリーでここまで昇華されたものは過去にもそうないのではないでしょうか。

キャストの方に話を移すと、最初、井上真央の存在さえ知らず、どうなることやらと思いましたが、堅実で力強い演技で好演していました。
今後、要チェックですね!

F4も、松本潤、小栗旬共にはまり役で、実績があるだけのことはあります。松田翔太も、茶道の家元らしい雰囲気で個人的には一番好きでした。

ただ、阿部力は演技云々の前に老け顔過ぎて違和感を感じました。設定が高校生なのでもう少し何とか出来なかったかなと悔やまれます(>_<)

大物、加賀まりこ&松嶋菜々子はやっぱり流石でした!

加賀まり子は若干、年齢に無理があるかなと思いましたが、全くそういうことを忘れさせてくれるぐらい完璧な演技でした。

また、松嶋菜々子も流石の存在感ですね〜
あまり出ていませんでしたが、これ以上出てしまうと、オーラが強すぎて悪い方に出ていたかもしれないのでこのぐらいの登場時間でちょうど良かったような気がします。

このレビューを書いて以来、いつ書こうかと思っていたのですが、オープニングでノートにキャストを書いているのって本人のようですね〜

井上真央と小栗旬の字、ホントに達筆で出来るヤツって感じです〜

反対に普通なのが松潤、ちょっと下手なのが松田翔太、そして最下位に阿部力と思ったのですが皆さんはいかが感じたでしょうか?

また、オープニングの映像の作りもイメージにぴったりで原作を知らない私が言うのも何ですが、期待を裏切ってないような気がします。

最終話を迎えた『花より男子』ですが、まだ続編がありそうです。

つくしと司のその後も気になりますし、 苦手な優紀に追われる西門やその他のキャラクターの行方もめちゃ気になりますもんね〜

ホント、次作が楽しみで待ちきれません!

私見的評価 92点

花より男子DVD-BOX
花より男子DVD-BOX
posted with amazlet on 06.01.21
TCエンタテインメント (2006/03/10)

『ドラマ 花より男子2 リターンズ』ページへ

『ドラマ 花より男子 第8話「いざ女子高生日本一決定戦」』ページへ

『ドラマ 花より男子 第1話「宣戦布告!!お金より絶対に大切なモノ」』
posted by Ky'z at 09:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | TBS系ドラマ
この記事へのコメント
続編あるんですか?!
Posted by 紫 at 2005年12月21日 16:54
ご質問ありがとうございます。

はっきりとはまだわかりませんが、エンディングで「see you soon」(文面は間違っているかもしれません)といったことが書かれていたので、まず特番か連ドラがあるはずです。
Posted by Ky'z at 2005年12月31日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10783561
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。