2008年07月16日

ドラマ おせん

●プロデューサー … 櫨山裕子 三上絵里子 内山雅博
●協力プロデューサー … 山口雅博
●演出 … 南雲聖一 久保田充 茂山佳則
●原作 … きくち正太「おせん」
●脚本 … 大石静 神ひとえ 高橋麻紀 白金カナ
●音楽 … 菅野祐悟
●主題歌 … 「踊れ」Micro
●エンディングテーマ … 「恋詩-コイウタ-」タッキー&翼
●出演 … 蒼井優 内博貴 杉本哲太 向井理 鈴木蘭 工藤里紗 森田彩華 奥村知史 宅間孝行 渡辺いっけい 余貴美子 由紀さおり 松方弘樹
●制作 … 日本テレビ 2008
「おせん」公式HP
「おせん」視聴率

江崎ヨシ夫(内博貴)は本格的な料理人になりたいものの派手なパフォーマンスが売りのレストランで、パフォーマーとして働いていた。

そんな現状を打破するべく、子供の頃、老舗料亭「一升庵」の女将・半田千代(由紀さおり)に感銘を受けた事を思い出し、「一升庵」に向かう。

だが、「一升庵」で女将に会いたいと伝えると、出てきたのは昼間から酒の匂いが漂う半田仙(蒼井優)だった・・・



連続ドラマ初主演の蒼井優、内博貴の復帰、奇抜な雰囲気など話題性十分のドラマ「おせん」

このドラマは素晴らしいです。
但し、メッセージ性はという限定ですが。


「食べ物屋が食べ物で不精してどうするでやんす」というおせんのセリフが象徴するように、現代人が忘れがちな物事の本質がたくさん盛り込まれていて、子供や新人研修などで見せるには打ってつけの内容です。

ただ、ストーリーのアップダウンが少ないので、わくわく感が欠けるのがドラマ「おせん」の大弱点。

蒼井優をはじめとする個性豊かなキャラクター、独特のおせんワールドは大変魅力的なだけに、もっとアグレッシブにストーリーを動かす事が出来れば、また、違った内容になったかもしれません。

面白さには欠けるかもしれませんが、観て感じるものは多くある作品だと思うので、お茶の間だけでなく教育現場などでの上映して欲しい作品ですね〜

私見的評価 72点

おせん オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
バップ (2008-05-28)
売り上げランキング: 10595
posted by Ky'z at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日テレ系ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「おせん」第5話の着物
Excerpt: 着物をはじめ、日本の建築、食器についても いろいろ見ることが出来るお話し。 もたいまさこが演じる丁子さんんという大工さんと 帝都ホームズという住宅業者については、 なにかモデルになった事件がありそう..
Weblog: おせんの着物
Tracked: 2008-07-20 15:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。